51% Attack  |   暗号資産に関する「英単語集」
51% Attack
悪意のある特定のグループまたは個人が、ネットワーク全体のハッシュレート(採掘速度)の 51%(50% 以上)を支配することで、不正な取引を行うこと。
例えば、ブロックチェーン技術を採用したビットコインは非中央集権型の追加で、ブロックチェーンの取引承認作業は多数決方式が採用されている。
しかし、この日中央集権型を採用するデメリットもある。それが51%攻撃である。多数決方式が採用されているので、その取引が間違った取引でも51%の承認が得ることができれば正しいとみなされ取引が実行されます。
攻撃対象となるのは「Proof of Work(PoW)」と呼ばれる、ビットコインも採用するアルゴリズムを採用する仮想通貨。