ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュは2017年8月、代表的な仮想通貨であるビットコインからのハードフォークによりできた仮想通貨です。

ハードフォークとは
ハードフォークとは通常、仮想通貨のアップグレードという意味の言葉として使われます。この時に、特に大きなアップグレードであれば、従来のものとの互換性を失うため、新旧二つに分岐することがあり、これをアップグレードと言います。

発行上限、半減期もビットコインと同じに設定されていますが、ビットコインが抱えていたスケーラビリティ問題を解決したこともあり、現在では時価総額ランキング4位と、安定的な人気を誇っています。

基本情報
 通貨名 BCH / ビットコインキャッシュ
 時価総額ランキング 4位 (約8292億円)
 発行上限 21,000,000枚
 中央機関 なし
 承認方式 Proof of work
 webサイト https://www.bitcoincash.org/

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュの特徴 ① ブロックサイズの大きさ

ビットコインは、その流通量の増加に伴い、スケーラビリティの問題を抱えていました。ブロックチェーンの技術において、1つのブロックの容量が1MBと決まっていたため、フルに達するまでトランザクションが書き込まれると処理速度に悪影響をもたらしていたのです。

ビットコインキャッシュでは、ブロックの容量を8MBに拡大することで、スケーラビリティの問題を解決しました。さらに処理速度の向上により、送金速度が速くなり、また手数料も安くなりました。

ビットコインキャッシュの特徴② マイニング難易度調整機能

ビットコインキャッシュは、マイニングが円滑に行われるように自動で難易度が調整されるようになっています。当初は、マイニングの難易度が高すぎて通貨として機能が果たせず、価格が暴落することもありましたが、現在ではそれが改善されました。

ビットコインキャッシュの将来性

2020年2月現在、ビットコインキャッシュは約45,000円で取引されています。スケーラビリティ問題を克服したために、実用的な通貨機能を携えたビットコインキャッシュは多くの投資家たちにも注目されている仮想通貨です。

イギリスのCoinExなどをはじめとした取引所は、ビットコインを基軸通貨として扱っています。このように安定した人気、知名度を誇るビットコインキャッシュは、投資の選択肢として考えてもいいかもしれません。