Blockchain technology 意味 | 暗号資産に関する「英単語集」

 Blockchain technology 意味

ブロックチェーン技術

「分散型台帳技術」と呼ばれるもので、分散型ネットワークを構成する複数のコンピューターに暗号技術を組み合わせ、取引情報のデータなどを管理させる仕組みのこと。

一つ一つの取引を世界中のコンピュータがモニター、記録、保持することで、正しい記録がされ、変更・削除・改ざんを防ぐ。合意された情報のみが有効と認識される共有型のデーターベースでビットコインなどの暗号資産に用いられる基盤技術である。

変更・削除・改ざんを防げる理由としては、一部のコンピューターで取引のデーターを変更したとしてもネットワーク上の他のコンピューターとの多数決によって正しい取引データが選ばれるブロックチェーンの特徴による。

また、膨大な量のデータを分散して管理されているため、大規模なコンピューターや一つのコンピューターが壊れたとしても複数のコンピューターで情報を管理しているため安全かつ、低コストで運用できる。

そして、ブロックチェーンは中央集権の管理者を介さずにデータを保有できるため、取引データの信頼を保てる非中央集権(ディセントラリゼーション)として注目されている。

 

ブロックチェーンの仕組みとしては、ブロックと呼ばれるデータの単位を生成し、それが時系列によってチェーンのようにつながれていくことでデータベースとなる。各ブロックには、その一つ前に連結されているブロックのハッシュ値を持つため、それをさかのぼることで不正がないかチェックができる。

 

ブロックチェーンは、そのほかにピア・トゥー・ピア(P2P)、公開鍵暗号などの暗号化技術、ビットコイン等に用いられるプルーフ・オブ・ワーク(PoW:Proof of Work)などコンセンサスアルゴリズム、スマートコントラクト、など複数の技術の組み合わせで実現される。

おすすめの記事