リップル

リップルは、暗号資産に触れている方ならだれもが聞いたことがあるはずです。

ビットコインやイーサリアムが安定の人気を誇るなか、リップルもなかなか時価総額3位から落ちる気配がありません。

一体何がそんなに魅力的なのでしょう?

さらに、最近はリップルコインの将来性を見直す専門家もたくさんおり、そのおかげで瞬く間に話題になっていますがなぜなのでしょうか?

今回はそんな疑問と、筆者のリップルの今後の予想を織り交ぜて、皆さんにお伝えしていこうと思います。

リップル(XRP)とは? リップルの特徴と魅力

リップルとは、リップル社が開発した アルトコインの一種で、正式名称は「XRP」です。

2012年にアメリカで誕生し、時価総額はビットコインやイーサリアムに次いで3位という人気ぶりです。

そんなリップルは、他のアルトコインとは一味異なる特徴をいくつか持っているので、紹介しようと思います。

独自のブロックチェーンシステム

リップルは通貨の取引をするときに、ブロックチェーンのオープンソーステクノロジーであるXRP LedgerというXRP独自の送金台帳を利用しています。

リップルコインの送金データは、リップル社が中央集権型で管理しているのです。

送金が圧倒的に速い

上記のような独自のシステムで中央集権型の管理システムを利用しているので、送金のスピードは、約3秒という驚異的なもので他の仮想通貨に比べても一目瞭然の圧倒的な速さです。

手数料が安い

手数料が安い

国際通貨のブリッジ通貨として大活躍

上記のような送金の速さと手数料の安さは国際通貨間のブリッジ通貨としての役割を果たせます。ブリッジ通貨とは、二つの法定通貨の仲介を行う通貨のことです。

例えば日本円をアメリカドルに換金しようと思ったときに、従来の方法では時間もかかりますし、手数料もかかってしまうので為替の状況関係なく、送金後のお金の量はもともとの送金額から差し引かれてしまいますよね。

しかし、一度リップルを仲介し、日本円→リップル→アメリカドルの手順で送金することで圧倒的な手数料の削減につながるのです。これにより、よりスムーズな国際送金が見込めます。

発行主体が存在している。

リップルは発行上限枚数が1000億枚と、2100万枚のビットコインをはるかに上回る発行上限で、すでにすべてのリップルコインが発行済みです。

なので、マイニングによって新たに通貨を発行したり、報酬として獲得したりすることはできません。

しかし、発行されたからと言ってすべて流通しているわけではなく、流通しているのは全体の約50%よりも少ないのです。

保有率を分け、少量ずつ流通させることで急激な価値の上下やハードフォークを防ぎ、価値を一定に保つ役割をはたしています。

Googleが出資している

リップルはGoogleが出資提供をしていて、Google Payでリップルが使えるようになることも見込まれています。

またそのほかにも、2018年以降他の大手企業と提携したことや、MUFGやSBI、みずほなどの名だたる銀行での採用が決定していることからもその利便性がうかがえます。

こんな要素がたくさん集まって、専門家の間でもリップルが2020年の最も将来性の高い仮想通貨の一つともいわれています。

現在は20円台だけど…リップルの将来性は?

上記ではリップルの魅力や特徴をたくさん紹介しましたが、2020年4月現在の1XRPの価格は約20円程です。

2018年に史上最高値に達したときには400円以上にまでのぼっていたので、そこから考えるとかなり落ち込んでいるように見えますよね。

しかし、この状況は2018年の高騰の直前の状況に似ているとも考えられており、近い将来また価格が上がる可能性を秘めています。

さらに、その根拠として、現在シンガポール銀行、イングランド銀行、タイ銀行など、アジアを中心として各国の中央銀行での実用化が進められています。

2018年11月には、タイのサイアム商業銀行がリップルを使用しているという具体的な症例が上がっているので、着実に実用化が始まっていることが読み取れます。

今後実用化が進む国が増え続ければ、アジアの国際送金に使われるだけで今の数倍は価値が上昇することが見込まれています。

暗号資産リップルの人気の秘密とその今後

上記のリップルの特徴も踏まえ、「速くて安い」を忠実に可能にしてくれるリップル実用化のメリットが着々とあがっていますね。

現在は低迷していますが、前例にもあるように近い将来、また高騰が見込めるかもしれないので要チェックです。

皆さんもこの将来性が期待できるリップルをこの機会に検討してみてはいかがでしょうか?