クラウドマイニング

クラウドマイニングとは

クラウドマイニング(cloud mining)とは、マイニングを行う団体、組織に投資をし、報酬を得るというマイニング手法です。

そもそもマイニングとは、仮想通貨において取引記録をブロックチェーンに追記する作業のことです。マイニングについて詳しく知りたい方は、「マイニングとは?」の記事を参照ください。

マイニングには膨大な計算が必要になるため、それに伴い人件費や設備費、電気代などが必要になり、とても個人で行えるようなビジネスではありません。

そこで、マイニングを行っている組織に投資をすることで、その利益を配当としてもらうのがクラウドマイニングです。

クラウドマイニングのメリット

クラウドマイニングのメリットは以下の3つです。

初期費用が抑えられる

マイニングを個人で行おうとすると、専門的な設備をそろえたり、設備を置いておくスペースを確保したり、必要な人材を雇ったりと、さまざまなコストがかかります。

クラウドマイニングでは、それらのコストが抑えられるのがメリットです。

専門知識が必要ない

自分でマイニングを行うわけではないクラウドマイニングでは、専門的な知識のない人でも簡単に参加することができます。

電気代がかからない

マイニングを行うときは、24時間マシンを稼働させている必要があり、電気代が膨大になってしまいますが、クラウドマイニングでは電気代が膨大にかからないことも大きなメリットです。

マイニングのデメリット

マイニングのデメリットは以下の3つです。

相場変動のリスク

通貨の価値が値下がりするリスクです。例えばビットコインのクラウドマイニングを行っていて、報酬で受け取るビットコイン自体が値下がりするリスクのことです。

会社倒産のリスク

投資をしているマイニング団体が倒産してしまうリスクもあります。現在、クラウドマイニングサービスを提供する多くは海外企業であるため、クラウドマイニングを始める前にしっかりと情報収集を行うことが不可欠になってきます。

収益減のリスク

マイニングは行う人が増えれば増えるほど難易度が上がります。つまり、クラウドマイニングが盛んになり、参加者が増えることで、期待できる収益はどんどん少なくなってしまうリスクがあります。