Cold Wallet 意味 | 暗号資産に関する「英単語集」

  Cold Wallet 意味

コールドウォレット
暗号資産をネットワークから遮断された環境で管理すること。コールドウォレットには大きく分けて2種類が存在する。
①専用ディバイスで管理するハードウェアウォレット
このウォレットは、保有する暗号資産へアクセスするための秘密鍵を暗号化して記録・管理する専用ディバイス。
②紙で記録・管理するペーパーウォレット
このウォレットは、送金する際の送金先のアドレスと送金元の秘密鍵の情報をプリントアウトして管理したもの。
コールドウォレットはインターネットから遮断されているためセキュリティの強度は高いく信頼性がある。個人で使う場合にはハードウェアウォレット、長期で保管するあらペーパーウォレットが適している。
しかし、デメリットとして、暗号資産にアクセスするまでに時間がかかる。まらペーパーウォレットは紙で管理しているので紛失・破損などのリスクもある。そのため、頻繁に取引をするユーザーには適していない。
おすすめの記事