コルレス銀行

コルレス銀行は英語で”Correspondent Bank”といい、日本語では中継銀行と呼ばれることもあります。海外送金を行う際に、送金元と送金先の中継地点となる銀行のことを指します。

そもそも、国内の銀行同士で国内送金をする際には、両銀行が中央銀行(日本は日本銀行)に開設している口座を介して送金が行われます。例えば、A銀行がB銀行に100万円を送金する手続きをとった場合、日本銀行は、単にA、B両銀行の口座の残高を100万円分書き換えることで決済が完了します。つまり、銀行間での実際のお金の移動があるわけではないので、とてもシンプルなのです。

しかし、異国同士の海外送金においては、中央銀行は存在しません。ここでコルレス銀行が登場します。

例えば、日本におけるA銀行が外国のY銀行に送金したい場合、A銀行は外国の中央銀行に口座を持っていないため、中央銀行に口座を持っている外国のX銀行と契約を結んでおいてコルレス口座を開き、そこに現地通貨で預金をしておきます。そこに振替の指示を出し、中央銀行を介してY銀行へ送金が完了するという仕組みです。

日本銀行「コルレス・バンク」参照

この例ではコルレス銀行は一つですが、複数になる場合もあります。

このように、コルレス銀行が増えれば増えるほど、払わなければならない手数料が大きくなり、決済にかかる時間も長くなります。また、資金を預けているコルレス銀行が破綻するリスクも存在します。

そんな国際送金が抱える問題を解決しようと試みているのがリップル社です。

他の記事でも解説しましたが、リップル社は国際送金のスピード、手数料の安さを武器にブリッジ通貨としての地位を獲得しようとしています。

これによって海外送金がより身近で簡単なものになるといいですね。