暗号資産(仮想通貨)と法定通貨

暗号資産とは、何のことでしょうか? 暗号資産ってあまり聞きなれない言葉ですよね。今回は、「暗号資産」「仮想通貨」「法定通貨」それぞれの意味について詳しくお伝えいたします。

皆さんは「お金」といったら何を想像するでしょうか?

今日、様々な形のお金が流通しています。紙幣や硬貨に限らず、デジタル通貨も存在しています。サービスや取引方法によってもお金の形は異なりますよね。

そこでは「暗号資産」「仮想通貨」と「法定通貨」について比べていきましょう。

法定通貨とは?

おそらく最初に浮かぶのはお札や硬貨といった類のものでしょう。

法定通貨とはいわゆる現金のことで、辞書を引いてみると、「国家によって強制通力が認められている通貨。」(デジタル大泉)と出てきます。

法定通貨は、国が発行や流通量を管理しています。日本では日本銀行が発行兼管理役を担っています。現金そのものには価値はありませんが、国が保証してくれる価値によって、私たちはモノの価値を図ることができます。

法定通貨は発行量の上限が決まっていません。なので、お金をたくさん流通させて景気を良くしたいときは多く発行して、景気を引き締めたいときには少なく発行します。

信頼に固く基づいているので、流通するお金が増えすぎた時には価値が下がってしまうリスクもあります。また、物理的に形のある紙幣や硬貨だけでなく、インターネットバンキングを使用した銀行の振込サービスも普及しており、データだけでのやり取りも可能です。

暗号資産とは?

さて、暗号資産は打って変わって、全く新しい形のお金です。 実物や中央銀行がなく、ブロックチェーンというシステムを利用しており、データでのやり取りをすることになります。  

その利便性や速さのほかに、銀行等の第三者を介することなく財産のやり取りが可能なため、お金の移動の際の手数料も安く済むなど、様々な理由で高い注目を集めました。

暗号資産は法定通貨と大きく異なる点があります。それは、発行に上限があるものが多いということです。

仮想通貨ごとに決まりがありますが、メジャーなところでいえば仮想通貨の祖ともいえる「ビットコイン」は、2009年に初めて発行されて以来、10分ごとに発行されています。

2140年ごろに2100万BTCを発行する見通しで、すでに75%の量が発行済みです。ビットコインは政府が介入しないので、量が増えすぎて価値が暴落する心配はないようです。

しかし、価値が減ることを心配する必要がない反面、信用のシステムが法定通貨とかなり異なります。発行通貨の信頼が低い国で、法定通貨よりも高い信頼性を見出せる可能性もあれば、まだ普及していない国での信頼性の低さも否めません。

最近、仮想通貨を「暗号資産」と呼ぶようになりましたが、それもまだ暗号資産が「通貨」と呼べるほど普及していないことを示唆しています。

また、お金としての機能は、形こそ違いますが、決済、送金、保存、投資に使えるという面を見れば法定通貨とあまり変わりません。ただし、特定の仮想通貨によって使えるお店が限られてくるので、どこでも送金や決済ができるわけでは無いというところも法定通貨との大きな違いといえます。

暗号資産(仮想通貨)と法定通貨まとめ

今回の記事で暗号資産法定通貨が比較できたでしょうか?機能が一緒であれば、暗号資産を通じて新しいお金に触れてみるのもいいかもしれませんね。

今後はビットコインなどの暗号資産の活躍が望める場所がどんどん増えることが期待できます。様々な形のお金をそれぞれ比較してみるといいかもしれませんね。