暗号資産で使うスラングの紹介~English ver. 2~

前回の記事ではHODL・FUD・FOMO・DYOR・JOMO・Shitcoin・Whalesを紹介しました。(気になった方はぜひ前回の記事も読んでみてください!)

暗号資産スラング英語版

今回も暗号資産で使われる英語のスラングを紹介していきたいと思います。ぜひ最後まで読んでみてください!

Flippening

フリッペニング(Flippening)という用語は2017年に口語的に作られたもので、Ethereum(ETH)の時価総額がBitcoin(BTC)の時価総額を抜く可能性のことを指しています。そのため、この用語は、将来、Ethereumが時価総額で最大の暗号資産になるという仮想的な瞬間を表現しています。

暗号通貨の時価総額(マーケットキャップ)は、流通している供給量に現在の市場価格を乗じて定義されています(ただし、紛失したコインやトークンを考慮に入れていない指標もあります)。現在、時価総額では、ビットコインが1位、イーサリアムが2位となっています。

ビットコインは常に時価総額で1位の暗号資産でしたが、2017年終わりから2018年初めまでの大暴落で市場での優位性が低下しました。その時、多くのEthereum支持者フリッペニングが起こることを期待していました。

投機家たちは、Ethereumがより大きな柔軟性とスマートコントラクトを提供しているためビットコインの時価総額を超えるのではないかと予測していましたがフリッペニングは実際に起こることはありませんでした。

Weak hands

"Weak hands "は、「弱い手」と訳され、自信、リソース、またはポジションを保持したり、取引計画にこしつしたり沿って投資する能力に欠けているトレーダーや投資家を表すために使用される用語です。

FXと暗号資産市場の両方で、「弱い手」は、経験の浅く感情的になるトレーダーの行動を説明する否定的な意味合いで頻繁に使用されてきました。これらのトレーダーは、予測可能な取引パターンと戦略を提示しており、マーケットメイカーやベテラントレーダーが頻繁に悪用されてしまいます。

また、「弱い手」のトレーダーは恐怖、不確実性、疑念(FUD)によって駆動されるため、予測可能な売買行動を起こします。彼らは非常に不適切な瞬間にポジションを入力して終了する傾向があり、あまり長い間資産を保持することはできません。

Bag holder

アメリカでよく使用される金融スラングで、バッグホルダーとは、価値のない株式を保有している株のことです。

基本的に暗号資産業界で指すバッグホルダーとは任意の資産に投資し、投資の価値がゼロに落ちる時間までコインを保持している人です。

投資家が、落ち込みを感じているのにも関わらず、実際にコイン/トークンが無価値になるまで待つこと、または頑固にコインを保持したい場合、その投資家をバッグホルダー呼びます。

また、コインを売りたくても市場の動きが活発で自身が望む市場価格で売れず取り残された人のこともバッグホルダーと呼ぶそうです。

Pump and Dump

ポンプ&ダンプとは、日本語では「風説の流布」と呼ばれています。もともとは、ある有価証券の虚偽や誤解を招くような情報、または大幅に誇張された記述に基づいて推奨することで、株価を上昇させることを指していました。

暗号資産でもコインの価値を上昇させようとし、過剰なプロモーションを行い市場の参加者たちの目を引き投資家の買いが積み上がったところで売り抜けることを指します。

このスキームを行う人は、すでにある資産で確立されたポジションを持っており、虚偽の報告により価値が上昇した後、そのポジションを売却し利益を得ます。この慣行は金融商品取引法に基づく違法行為であり、10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金が課されます。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、2018年上半期の暗号資産市場で「パンプ&ダンプ」を仕掛けたトレーダー集団が得た利益は918億円に上ると試算されました。トレーダー集団はパンプ&ダンプを最低でも175回行い、121種類の暗号資産がその対象となりました。

パンプ&ダンプを行っている人は、情報の非対称性を逆手に取り、投資家を惑わせます。暗号資産はまだまだ認知度は低く、また暗号資産初心者で詳しく仕組みを理解していない投資家たちもたくさんいます。

そのような人たちにパンプ&ダンプを仕掛けることでハイプを引き起こし、価値の無いものを価値があるように見せることが容易なのが現状です。

パンプ&ダンプが起きるのは暗号資産の投資家が未熟であるとも言えるでしょう。しかし、そのような対象が同じような虚偽の情報に2度も3度も引っかかるのは少ないでしょう。

市場参加者が知識と情報を判断できる能力を持つようになれば、パンプ&ダンプは減少し、暗号資産の価格も自然と適正価格に近づいていくことになるでしょう。

Mooning

Mooning とは、強い上昇相場の下にある暗号資産を指す言葉です。Moonという言葉は暗号資産の価格の上昇を表現するときに使用されます。例えば、"to the moon(月に行く) "はトークンの価値が大幅に上昇することを意味します。

Moon(月)まで到達するような価格上昇現象を慣用的に表現した言葉です。暗号資産のニュースを掲載するサイトの見出しとしてロケットや月の写真が使われるのはここから来ています。

しかし、実際には、この用語は常に有意な上昇トレンドと一致しているとは限らないため、過剰に使われているが現状です。多くの暗号資産愛好家やインフルエンサーが、ソーシャルメディア上で特定のコインやトークンが“月に行く”と表現し、他の市場参加者たちを説得しようとしてこの表現を使用しています。

これらの多くは、自分のポジションに有利に市場に影響を与えようとして行う虚偽の情報です。このような現象は、2017年の強気相場の間に顕著で、トレーダー、投資家、そして主流メディアでさえもビットコイン価格と暗号資産市場の上昇によりこのような情報に振り回されていました。

Lambo

Lambo(ランボ:ランボルギーニの略)は、暗号資産業界ではよく使われる言葉です。暗号通貨で稼いだことで、ランボルギーニが買えるようになったという現象のこを指しています。

ランボルギーニにビットコインの利益をつぎ込む大富豪が続出したおかげで、「ランボ」は暗号ブローカルチャーのシンボルとなりました。

"When Lambo? (ランボルギーニはいつ?)"は、暗号資産での成功を表す略語となっています。新しいコインが発売されるたびに、そのコインがその車を買えるほどの価値を持つようになるのはいつになるのか、という質問が投げかけられます。

イーサリアムの生みの親であるビタリック・ブテリンが、赤いランボルギーニを手に持ったイエスに扮しているという有名なミームもあります。

また、When Lambo(https://when-lambo.com/ )というサイトも存在しています。このサイトでは20万ドル(約2100万円)相当のランボルギーニ・アヴェンダドールを買うことのできる架空の日付を計算し投資家たちに提示します。

サイト上で50種類の通貨から選んで任意の額を入力し、「When Lambo?」をクリックすると、いつランボルギーニを買えるのか知ることができます。

ムーン・ランボはよく暗号資産投資家たちの間でよく使われる単語なのでぜひ覚えてみてください!

以上いかがだったでしょうか。

今回も暗号資産界隈で使用されるスラングを紹介してきました。

暗号資産ジャーナルでは、暗号資産に関する様々なトピックを日々更新しています。気になった方はぜひ他の記事もチェックしてみてください!

 

おすすめの記事