暗号通貨の意味とは?

暗号通貨
暗号資産(仮想通貨)とは、インターネットを通じて暗号技術を利用して取引している通貨のこと。
最初に生まれた暗号通貨は、ビットコインです。
ビットコイン以外の暗号通貨はアルトコインと総称されています。

暗号通貨は、不特定多数の人々の間で、サービスの対価や商品の対価として使用されています。
英語では、暗号通貨は、Cryptocurrencyと呼ばれています。
暗号通貨は、中央銀行などの公的な発行主体や特定の管理者が存在しないため、取引所を介して円やドルなどの通貨と交換できる仕組みになっています。

ただし、暗号通貨には保証は存在しません。すべて自己責任において取引をおこなっています。