「日本カストディ銀行」とは?

皆さん「日本カストディ銀行」をご存じでしょうか?

カストディとは、投資家の資産を預かって管理する業務のことで、

カストディアンというと、管理する側を指します。

日本語では「信託銀行」といえばピンとくる方もいらっしゃるかと思います。

2019年4月に、「日本カストディ銀行」の誕生が決定しました。

今回は、日本カストディ銀行がどのような会社かを見ていきましょう。

日本カストディ銀行 会社概要

会社概要

会社名:        株式会社日本カストディ銀行

英文表記:      Custody Bank of Japan, Ltd.

略称:            CBJ

 

日本カストディ銀行は、カストディ業務を生命保険のバックオフィスを行う会社です。

2021年に「日本トラスティ・サービス信託銀行」と、「資産管理サービス信託銀行」というカストディアンが合併し、設立する構想です。

昨今は、カストディ業務をアウトソース業務として、第三者に委託するケースが増えています。

「幅広くアウトソーシングを任せてもらえるように、シンプルでわかりやすい名前にしよう」という考えから「日本カストディ銀行」という名前が付いたそうです。

日本カストディ銀行ロゴマーク

下の画像が日本カストディ銀行のロゴです。

日本カストディ銀行は、資産管理が専門なので信頼を大切にしています。

コーポレートカラーも「Reliable Violet(信頼性の紫)」という色だそうです。

コーポレートスローガンは、「The Reliable Bank(信頼性のある銀行)」で、信頼がいかに大切かを表現しているのがみえますね。

おすすめの記事