二重

仮想通貨のセキュリティーを語る上でとても重要になるのが、どのように二重支払いを防止するかということです。

仮想通貨がクレジットカードや電子マネーのようにより信頼性の高い支払い手段になるためには欠かせない話題ですね。今回はその二重支払いの仕組みと、防止策についてお話ししていきたいと思います。

二重支払いとは

具体的に二重支払いとはどのような状態のことを言うのでしょうか?

例えばビットコインの取引において、AさんがBさんに1BTCを送金するとします。この時に二重支払いが起こると、すでに送金されてるはずの1BTCがもう一度AさんからBさんまたは他の誰かに送金されるということが起きます。

二重支払いの解決法

二重支払いは、クレジットカードや電子マネーでも起こりうる問題です。しかしながらそれらは中央集権的な構造を持ち、運用する企業が、問題が起きないようコントロールすることができます。

対照的に、ビットコインを始めとする仮想通貨はほとんどが非中央集権的であり、そういった管理は難しいです。

そこでビットコインは、ブロックチェーンとプルーフオプワークという二つの技術によって、二重支払いの問題を解決しようとしました。

ブロックチェーン技術において、全取引データが全てのノードに共有されます。それにより二重支払いが発生したとしても、監視下にあるためすぐに無効とされるのです。

プルーフオプワークは、複雑な計算という仕事を通して、取引データの正当性を証明する方法なので、二重支払いのような不正は起きにくくなります。

このように、ビットコインでは中央管理者を置くことなく、技術によって二重支払いの問題を解決しています。電子マネー等では人的ミスが発生する可能性もあるため、ビットコインの方がよりセキュリティに優れていると言えるかもしれませんよね。

二重支払いまとめ

もちろん、技術的な問題が発生すれば、二重支払いは発生しうる問題です。これからさらにセキュリティを強化するためにもSegWitのような先端技術がどんどん普及し、仮想通貨がより身近なものになるといいですね。