暗号資産(仮想通貨)と電子マネー

前回の記事「暗号資産と(仮想通貨)と法定通貨」では、それぞれを比較してみましたが、今回は暗号資産と電子マネーを比較していこうと思います。 暗号資産と(仮想通貨)と法定通貨 の記事はこちら

電子マネーとは?

今では誰もが気軽に利用できる「nanaco」 「suica」 「iD」などの電子マネー。 これらは現金を持たずともお買い物ができる簡単で速いシステムです。

今では電子マネーを使ったことがない人はほとんどいないのではないでしょうか?

その形態はさまざまで、プリペイド型のものから、クレジットやデビットの機能がついているものまであります。

電子マネーを取り扱うお店では現金と同じように利用でき、ポイント還元サービスのあるものも珍しくありません。

一番主流なプリペイド型(前払式支払手段)は、基本的に一度いくらか現金をチャージしておく方式で、最大いくらチャージできるかは電子マネーによって違います。

あらかじめチャージされた金額内でのやり取りとなるので、無駄遣いや使い過ぎ防止にも有効かもしれませんね。

仮想通貨との一番大きな違いは、電子マネーの多くが法定通貨を基準に作られているというところにあります。

暗号通貨(仮想通貨)とは?

暗号通貨と電子マネーは、データのやり取りで決済を行うという点においては非常に似ています。

しかし、暗号通貨は法定通貨をチャージするわけではなく、多くの場合は手持ちの法定通貨を暗号通貨に両替してりようする仕組みになっています。

また、暗号通貨は中央管理者がいないので、使用する者同士の個人間でのやり取りを基本としています。

そのため、インターネット環境があれば、世界中いつでもどこでも暗号通貨のやり取りができることが特徴です。

ただし、実際に店舗などでしようするには、その店舗に暗号通貨のシステムが導入されている必要あるため、まだ普及していないくにではやり取りが難しいとも言えます。

暗号資産(仮想通貨)と電子マネー まとめ

数年前まで電子マネーは「新しいもの」感が強い決済方法でしたが、今ではすっかり普及しましたね。

暗号通貨や仮想通貨も今は未知の領域に感じる人も多いとは思いますが、近い将来、電子マネーのように仮想通貨が普及する未来もあるかもしれません。