「アエルワールド」の仮想通貨サービスで海外移住

長い間日本に住んできた方なら、多くの方が海外生活や留学を一度は想像したことがあるのではないでしょうか?

留学や海外生活の支援を行う「アエルワールド」(東京都新宿区)は、2021年の8月3日に親子留学及び海外移住のサポート事業において、暗号資産(仮想通貨)による支払いサービスを追加したと発表しました。

親子留学や海外移住にかかる費用全般を暗号資産(仮想通貨)で支払いできるサービスです。

また、これに伴い、ドバイのような一部対象国では、暗号資産(仮想通貨)取引所と銀行口座設定のサポートも行うとのことです。

海外移住業界でこのようなサービスを取り込み、実施しているのは「アエルワールドが初であり、世界的にも需要が拡大しつつある暗号資産(仮想通貨)の活躍の幅がますます期待できますね。

このサービスは8月5日より開始していて、今のところ取り扱い暗号資産(仮想通貨)はビットコイン(BTC)だそうです。

対象となるサービスは、親子留学・海外移住に必要な投資資金、ビザ申請にかかる費用、教育期間の学費一式(自己支払限定教育期間を除く)、現地での在宅費用(初期手続きのみ)、および各種手続き費用が当てはまるようです。

まだまだ新型コロナウィルスの感染拡大が心配で、今はそう簡単には海外に行けそうにないですが、コロナが収束すればホットな話題になりそうですね。

皆さんも海外移住や留学を考える際は、業界内で唯一暗号資産(仮想通貨)決済を取り入れている「アエルワールド」のサービスを利用することを検討してみてはいかがでしょうか!

おすすめの記事