アンチマネーロンダリング(AML)

暗号資産(仮想通貨)を語るうえで、頻出するこのAMLという言葉。金融に精通していない方には、聞きなれない言葉かもしれません。今回はこのアンチマネーロンダリング(AML)について、簡単に解説していきます。

アンチマネーロンダリング(AML)とは

アンチマネーロンダリングとは、その名の通り、マネーロンダリング対策のことを言います。マネーロンダリングに利用されやすい暗号資産(仮想通貨)において、このAMLが常に求められているのです。

マネーロンダリングとは?

では、まずマネーロンダリングとは何のことを言うのでしょうか?

マネーロンダリングは、日本語に直すと資金洗浄です。

つまり、不正な取引や犯罪によって手に入れたお金を、あたかも正当な方法で稼いだものに見せかけるためのプロセスのことです。汚れたお金をきれいなお金に返還するという意味で資金洗浄と呼ばれています。

なぜこのマネーロンダリングが必要なのかというと、お金の流れから犯行がばれるのを防ぐためです。例えば詐欺などで入手したお金をそのまま自分の口座に入金すれば、資金の流れから捜査当局に見つかる可能性は非常に高まります。

そこでロンダリングを行うことで、資金を合法的に入手したと見せかけることが可能になるのです。

マネーロンダリングの手口

では、具体的にマネーロンダリングにはどのような手口があるのでしょうか?

その手口は様々ですが、最も基本的な手法は、「汚れたお金」で何かを買い、それを売ることで「きれいなお金」を手に入れるという方法です。商品券や、ギフト件などが挙げられるでしょう。

また、海外の金融機関に資金移動を繰り返したり、ペーパーカンパニーを設立して、その会社名義で債券や不動産を購入することで資金の出どころを分かりにくくすることが出来ます。

暗号資産(仮想通貨)とマネーロンダリングの関係

マネーロンダリングや、アンチマネーロンダリングについてはお判りいただけたと思います。では暗号資産とどうかかわってくるのでしょうか?

実は暗号資産は、以下の二つの側面でマネーロンダリングに深いかかわりを持ちます。暗号資産がマネーロンダリングの手段に使われる

1. 暗号資産自体がマネーロンダリングされる
2. 暗号資産がマネーロンダリングの手段に使われる

順番に解説いたします。

1.暗号資産がマネーロンダリングの手段に使われる

暗号資産はインターネット上に存在し、物質的な重さや量がないという特徴から、国境を越えた送金が手軽かつ安価に行うことが出来ます。その特徴を悪用し、汚いお金を送金するのにマネーロンダリングが利用されるのです。

2.暗号資産自体がマネーロンダリングされる

このケースは、不正な取引によって入手された暗号資産を、マネーロンダリングすることで最終的に法定通貨に換えられることを言います。取引所がハッキングされて持ち出された多額の暗号資産を、追跡できないように無数のアドレスに送金し、最終的に換金された事例がいくつも存在します。

具体的なAMLの手段

このように、マネーロンダリングとのかかわりが深い暗号資産において、有効なAMLを打ち立てることは必須です。

具体的には

KYC(口座開設時の本人確認)
暗号資産の出庫時の目的確認
2段階認証

などです。

また、制度においても、マネーロンダリングの疑いのある取引があった場合には、仮想通貨交換業者に届け出をすることが義務付けられました。

アンチマネーロンダリング(AML)のまとめ

マネーロンダリングに利用されやすい暗号資産ですが、それの対策であるAMLをより強化することが求められています。

現在のAMLでは、抜け道が存在すると主張する専門家も多く、法的な整備をさらに進めていく必要がありそうです。