今後、ブロックチェーン技術が銀行業務にどのような影響を与えて行くのか

ブロックチェーンは、デジタル通貨「ビットコイン」で活用されている分散台帳技術として一躍有名になりました。ブロックチェーン技術は信頼の置ける第三者の仲介者(銀行、クレジット・カード会社、決済機関など)抜きで、自己制御機能を持つグローバルなデジタル・ピア・ツー・ピア・ネットワークにより、より低コストで透明性をもったサービスを可能にしました。

今回は、従来の銀行業務はブロックチェーン技術を受け入れるのか、それともこの技術に取って代わられるのか。ブロックチェーン技術が銀行業務に与える影響を見ながら解説して行きたいと思います。

1.ブロックチェーンとデジタル通貨

始めに述べた通り、ブロックチェーンはビットコインに活用している技術として有名ですよね。ブロックチェーンとデジタル通貨は切っても切れない関係なのです。

ビットコインが初めて登場したのは、金融危機が起きた2008年にさかのぼります。世界中で多くの金融機関や銀行が破綻し、政府が救済に乗り出さざるを得なくなったことがきっかけでした。この金融危機は人々の伝統的な金融システムへの信頼を揺るがし、中央集権的な権威に支配されないデジタル通貨への道を開きました。ビットコインは、仲介者に依存しないピアツーピアの電子現金システムとして導入され、それ以来、破壊的技術(disruptive technology)として認識されています。 その仕組みを支えているのがブロックチェーン技術です。

しかし、ブロックチェーン技術は適切に活用されれば、銀行部門にとって重要な技術的進歩になるでしょう。すでに、投資銀行はこの技術を採用し、いくつかのプロジェクトを実施していますが、リテール銀行は技術の導入に対して慎重になっています。銀行システムはデータ照合を中心に回っているため、ブロックチェーンはデータ管理のコストと効率性に関する根本的な変革の可能性を提供することができます。

2.銀行業務におけるブロックチェーンの役割

ブロックチェーン技術は、誰も管理しない台帳を提供することで、ブロックチェーンは銀行のような中間管理者を使わずに、決済や証券化のような特定の金融サービスを提供することができます。さらに、ブロックチェーンは「スマートコントラクト」のようなツールの使用を可能にし、コンプライアンスやクレーム処理から遺言書の内容の配布まで、手作業によるプロセスを自動化できる可能性を秘めています。

パブリック・ブロックチェーンの性質の一部を利用した技術として、「分散型台帳技術(DLT)」が有名です。このDLTは従来型の情報システムの一部として使われることを想定しており、特定の参加者だけが参加できるP2Pネットワークとして機能しています。DLTは、企業がデータ共有やコラボレーションに関するより良いガバナンスとスタンダードを確立するのに役立つ技術として期待されています。

現在、世界の銀行業界は1億3400万ドル規模の産業となっており、ブロックチェーン技術とDLTは、銀行が提供する主要なサービスを分離する可能性があるとされています。

そのサービスの分野は以下の通りです。

  1. 支払い
  2. クリアランスと決済システム
  3. 資金調達
  4. 証券
  5. ローンとクレジット
  6. 貿易金融

それでは詳しく見て行きましょう。

①支払い

従来の銀行で、国境を越えた支払いを行うには、最大で7日、手数料は2~3%から最大で10%までかかる可能性があります。国際銀行間通信協会(SWIFT)のようなプラットフォームでも数日かかり、手数料も安いとは言えません。しかし、ブロックチェーンを使用することで、トランザクションは数分以内に決済され、仲介金融機関を通さないためコストも削減することができます。

フィンテックのイノベーションの4つに1つはクロスボーダー決済の分野に焦点を当てていますが、その一例がRipple(リップル)です。Rippleは、RippleNetを介して銀行と決済プロバイダーを接続することで、国境を越えた取引に摩擦のない体験を提供することを目的としています。RippleNetはアメリカン・エキスプレス、スタンダード・チャータード、MUFG銀行、SBIレミットなど、200社以上のパートナーを擁しています。

ブロックチェーン技術は、安全性が高く、低コストで支払いを行う方法を提供し、第三者からの検証の必要性を減らし、従来の銀行送金の処理時間を短縮します。これからも、様々な金融機関の支払いサービスにブロックチェーン技術は活用されていくでしょう。

②クリアランスおよび決済システム

分散台帳は、運用コストを削減し、金融機関間のリアルタイム取引に近づけることができます。分散型台帳技術により、取引を直接決済できるようになり、SWIFTのような既存のプロトコルよりも優れた取引の追跡が可能になる可能性があります。

リップルR3などは、伝統的な銀行と協力してセクターの効率化を図っています。

③資金調達

従来の資金調達は、起業家は、エンジェル投資家、ベンチャーキャピタリスト、銀行などの外部の資金調達者に交渉をして承諾を得なくてはいけません。これは、査定、ストック・スプリット、会社の戦略など長い交渉を必要とするプロセスがありました。

しかし、ブロックチェーンを活用したイニシャル・コイン・オファリング(ICO)では、銀行やその他の金融機関を介さずに資金を調達する機会を新興プロジェクトに提供することができます。ICOでは、トークンが投資家にリターンをもたらすことを前提に、企業がトークンを起業家向けに提供します。従来、銀行は事業の証券化や新規株式公開(IPO)を促進するために多額の手数料を請求してきましたが、ICOはそのような手数料を必要としません。

④証券

株式、債券、代替資産などの伝統的な証券をトークン化し、パブリック・ブロックチェーン上に配置することで、より効率的で相互運用可能な資本市場を創出することができます。

ブロックチェーンは資産の権利移転の仲介者を取り除き、資産の交換手数料を下げ、より広いグローバル市場へのアクセスを可能にし、従来の証券市場の不安定性を軽減します。CB INSIGHTSによると、ブロックチェーン上で証券を移動することで、世界の取引処理コストを年間170億ドルから240億ドル削減可能という指標も出ています。

⑤ローンとクレジット

ローンやクレジット業界のゲートキーパーの必要性を取り除くことで、ブロックチェーン技術はより安全にお金を借りられるようにし、より低い金利を提供することができます。ブロックチェーンを利用した融資は、より多くの消費者に個人向け融資を提供するより安全な方法を提供し、融資プロセスをより安く、より効率的に、より安全にすることができます。2018年にクレディ・スイスとINGの間で行われた3,048万ドルの取引で、最初のライブ証券の貸し出しが行われました。

⑥貿易金融

貿易金融とは、輸出入に絡む必要な資金の融通、または信用の供与を指す金融業務を指します。新型コロナウイルスは世界経済に大きな影響を与え、ビジネスや生活のデジタライゼーション化のきっかけにもなりました。

世界の取り巻く状況が日々変わって中で貿易金融も、転換点を迎えようとしています。ブロックチェーンを活用することで、貿易金融業界の面倒な紙の書類のプロセスを置き換え、世界中の貿易関係者の間で、より透明性、安全性、信頼性を生み出そうとしています。また、送金時間の短縮や紙の使用量の削減にもつながります。世界の貿易の約80~90%が貿易金融に依存しており、ブロックチェーンの市場への影響力は、国境を越えた取引を利用するすべての産業において世界的に感じられるでしょう。

3.ブロックチェーンを金融分野に活用するメリット

ここでは、ブロックチェーンを活用することのメリットを詳しく見て行きたいと思います。

①取引コストの削減

銀行がブロックチェーンを採用している理由の一つに、銀行が取引コストを大幅に削減できることが挙げられます。通常、ある地域から別の地域への資金移動には、ある地域から別の地域への通貨変動による一定のコストがかかり、事務処理も必要になります。

通常、国際間の資金移動には、通貨変動による一定のコストがかかり、事務処理も必要になります。ブロックチェーンは、これらのコストやペーパーワークなしで資金移動をすることが出来るので銀行は、取引コスト分の利益を得ることが出来ます。そのため、国際的な金融機関ではブロックチェーン技術の活用に関して肯定的です。

②セキュリティ

信頼できる仲介業者と言ってもデータを共有することは、常にデータが漏洩するリスクを伴います。それに加えて、多くの金融機関ではいまだに紙ベースの保管方法を採用しており、記録管理コストが大幅に増加しています。ブロックチェーン技術は、データの検証と報告を自動化し、KYC/AMLデータと取引履歴をデジタル化し、金融文書のリアルタイム認証を可能にする合理化されたプロセスを可能にします。これにより、運用上のリスクや不正のリスクを軽減し、金融機関のデータ取扱コストを削減することができます。

③詐欺の防止

銀行は、身元詐称や横領によって年間150億ドルから200億ドルの損失を被っているという算出があります。このような行為から銀行を守るための対策を講じなければなりません。そのためのツールがKYC(Know-your-Customer)AML(Anti Money Laundering)です。しかし、これには多大なコストが掛かります。

AML LexisNexis Risk Solutions の報告書によると、AML コンプライアンスにはアメリカだけで年間 253 億ドルの費用がかかると推定され、Europol によると、ヨーロッパの銀行は AML に 200 億ドルもの費用を費やしています。

そこで、解決策として注目されているのが、ブロックチェーン技術の活用です。

改ざん防止のデジタル署名(または指紋)を利用し、分散型台帳に保存することで、ブロックチェーンは不変性と透明性を実現します。また、ダブルカウントコンプライアンスチェックのリスクを排除することができます。これに加えて、ブロックチェーンは暗号の原理に裏打ちされた分散型台帳にデータを格納することで、データの保護を確実にします。

④スマートコントラクトによるより安全な契約

契約の複雑な性質上、契約書を作成するプロセスには、法律の専門家による多くの手作業が必要となります。そのため契約を締結するには多くのプロセスとコストが掛かります。スマートコントラクトは、あらかじめプログラムされたプロトコルで、事前に定義された条件に基づいてデジタル契約を容易にし、検証し、執行するものです。また、ブロックチェーン上で実行されているコードを使用しているので改ざんされる心配もありません。

スマートコントラクトは、合意に至るまでに必要な信頼の要素を大幅に減らし、金融契約のリスクや裁判に至る確率を最小限に抑えます。

4.今後伝統的な金融機関はどうなっていくのか

銀行や金融業界は、ブロックチェーンの影響を受けるであろう主要なセクターの一つです。リアルタイム取引から資産のトークン化、融資、よりスムーズな国際取引、より強固なデジタル契約など、潜在的なユースケースはたくさんあります。そのため、伝統的な金融機関は柔軟に対応していく必要があるでしょう。

ブロックチェーンの技術を活用すれば、透明性やトレーサビリティー、セキュリティが担保され、取引当事者間の信頼性は向上するでしょう。それにより、今まで金融サービスを利用できなかった、貧困層や中小企業の人たちに手頃なコストでこれを提供し、金融サービスへ取り込んでいく、いわゆる「金融包摂」が加速します。

すべてのビジネス分野のデジタル化が進む中で、銀行におけるブロックチェーンによる変革は止められないでしょう。しかし、それが必ずしも金融機関にとっては悪い事とは断定できないでしょう。現時点ではブロックチェーンもまだまだ発展途上で伝統的な銀行ととってかわることは無いでしょう。今回の記事で説明した通り、銀行にとってもたくさんのメリットを与えるブロックチェーンをどのように活用していくかが今後、銀行に問われるでしょう。

いかがだったでしょうか。他にもブロックチェーンベースで実現する「分散型予測市場」の記事、ブロックチェーンが与える経済効果の記事など、暗号資産ジャーナルではブロックチェーンに関する記事も多数掲載しています。気になった方はぜひチェックしてみてくださいね!

おすすめの記事