「仮想通貨FX」とは?暗号資産(仮想通貨)FXとFXは違うの?

よく「仮想通貨FX」という言葉を耳にしませんか?

投資や投機をはじめたばかりでこの話を聞くと、「暗号資産(仮想通貨)とFXって同じものなの?」と困惑する人もいらっしゃると思います。

しかし、暗号資産(仮想通貨)とFX、そして暗号資産(仮想通貨)FXはそれぞれ全く異なるものなのです。

今回は、暗号資産(仮想通貨)FXとFXの違いや、暗号資産(仮想通貨)FXの正体について解説していこうと思います。

「FX」と「仮想通貨FX」は何が違う?

先ほどもあった通り、「FX」と「仮想通貨FX」はそれぞれ別物です。

ではどのような違いがあるのでしょうか?

「FX」ってどんな取引?

そもそも、よく耳にする「FX」とは一体どのような取引なのでしょうか?

FXは「Foreign Exchange」の略語で、「外国為替証拠金取引」という意味を持ちます。

米ドルや日本円などの法定通貨を使って、為替変動によって利益を得るという仕組みになっています。

FXでの取引において「レバレッジ」という言葉を聞いたことはありませんか?

「レバレッジ」というのは、担保として預けた証拠金の何倍にも相当する資金を動かして取引することを指します。

他人資本を利用することで自己資本に対する利益率を高めるということです。

レバレッジの仕組みを利用すれば、小さな値動きや少ない資金でも大きな取引が行えるので、効率良く稼げる可能性があります。

日本国内のFX業者を通じて取引を行えば、最大25倍のレバレッジ取引が行えます。

また、FXでは取引によって生じた差額(差金決済取引)がトレーダーの利益になります。

FX投資の、他の投資や投機との違いは、「売り」取引からでも取引を始められるという点です。

相場が下がっていく場合でも利益を狙うことができるのが特徴的です。

ここまで聞くと、「FXは魅力満点だ!」と思われるかもしれませんが、もちろんリスクもあります。

FXでは、損失額が証拠金を超えそうになると「ロスカット」といって、強制決済が行われてしまいます。

そのため、多額の損失が発生してしまう可能性があるのです。

どの投資方法においても言えることですが、FXは特にリスクが高い投資でもあるので、取引を行う際は事前にしっかりとリスクを確認を行いましょう。

「暗号資産(仮想通貨)FX」ってどんな取引?

「FX」がわかったところで、「暗号資産(仮想通貨)FX」がどのようなものなのかみていきましょう。

暗号資産(仮想通貨)FXも、その名のとおり、FXと同様にレバレッジをかけて少ない資金でより大きな利益を狙うというものです、

ただし、FXと違い、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)などの暗号資産(仮想通貨)に対してレバレッジを掛けて取引するという投資方法です。

暗号資産(仮想通貨)での取引というと、実際の暗号資産(仮想通貨)を売買する現物取引をイメージされる方が多いと思います。

しかし暗号資産(仮想通貨)FXでは、元手を担保に暗号資産(仮想通貨)を売買したと仮定して「ポジション(建玉)」を保有し、そのポジションを決済することで価格変動による差額を得る取引を行います。

暗号資産(仮想通貨)FXも、FXと同じく「売り」からでも取引が可能です。

なお、暗号資産(仮想通貨)FXはレバレッジが最大4倍まで掛けられるようになっています。

つまり、

FXは米ドルや日本円などの法定通貨に、仮想通貨FXはBTCやXRPなどにレバレッジをかけるFXは最大25倍、仮想通貨FXは最大4倍のレバレッジが掛けられる

と覚えておきましょう。

また、どちらにおいてもレバレッジを利用した取引はハイリスクハイリターンなので、必ずそのことを念頭に入れて取引を行いましょう。

暗号資産(仮想通貨)FXのメリット・デメリット

つぎに、暗号資産(仮想通貨)FXのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

暗号資産(仮想通貨)FXのメリットは3つほど挙げられます。

  1. 投資額が少なくてもはじめられる

先ほどの説明にもあったとおり、暗号資産(仮想通貨)FXは少額からでもはじめられることが魅力です。

試しにビットコインで考えてみましょう。

現在(2021年6月)、ビットコインの価格は1ビットコインあたり400万円を超えています。

1ビットコイン買うことは難しいかもしれませんが、大半の取引所においては暗号資産(仮想通貨)は小数点以下の数量での購入や取引が可能です。

例えば最低取引数量が0.01BTCの取引所を利用したとしましょう。

仮に1BTCあたり400万円とすると、1万円から取引が可能ということになります。

400万円×0.01÷4(最大レバレッジ4倍)=1万円

現物取引で0.01BTC購入しようと思うと4万円必要ですが、暗号資産(仮想通貨)FXの場合は最大4倍のレバレッジが掛けられるので、より少額で取引できることになります。

さらには、小さな資金でより大きな利益を狙うことができます。

レバレッジが最大4倍なら、元手資金の4倍分の取引が可能です。

そのため、取引から生じる利益も大きなものになる可能性があります。

  1. 「売り」からでも取引できる

現物取引の場合は暗号資産(仮想通貨)を購入して、価格が上昇した場合のみに利益が得られる仕組みになっています。

しかし、暗号資産(仮想通貨)FXでは実際に暗号資産(仮想通貨)を売買するわけではなく、元手を担保に暗号資産(仮想通貨)を売買したと仮定するので「売り」から取引することができます

価格が高いうちに売却し、安くなったら買い戻すという取引によってその差益を得ることもできるのです。

  1. いつでも・どこでも取引できる

暗号資産(仮想通貨)の取引全般において言えることですが、暗号資産(仮想通貨)取引はメンテナンス作業が行われている場合意外は24時間365日いつでも好きな時間に取引できます。

さらに、インターネット環境があればどこでも取引ができるという利点もあります。

取引所がアプリなどをローンチしている場合はスマートフォンでの取引が可能な場合もあります。

株取引は株式市場が開場している時間しか取引できませんし、米ドルや日本円などのFXも平日のみで土日は取引ができません。

その分暗号資産(仮想通貨)FXは自由度が高いといえますね。

デメリット

一方、3つほど注意しなければならない点もあります。

  1. リスクが大きい

暗号資産(仮想通貨)FXは少額の資金で大きな利益が狙えますが、損失が生じた場合にはレバレッジを掛けた分だけ損失の額も大きくなってしまいます。

なので、現物取引よりも少額で大きな利益が得られる可能性もありますが、より大きな損失を負うことになる可能性もあることを承知の上で取引をはじめましょう。

暗号資産(仮想通貨)FXはハイリスクハイリターンであることを心得ておきましょう。

  1. 長期保有すると取引コストが割高

暗号資産(仮想通貨)FXでは、スプレッドとレバレッジ手数料の取引コストがかかります。

スプレッドとは、取引の際に発生する買値と売値の差額のことを指し、レバレッジ手数料は、日をまたいでポジションを保有した際に発生する手数料のことを指します。

暗号資産(仮想通貨)FXは、ポジションを保有しているだけでも、日々レバレッジ手数料がかかってしまうというデメリットがあるので、長期的に保有することを考えない方がコストがおさえられます。

暗号資産(仮想通貨)FX取引を行う際には、なるべく短期間で決済を行うことがおすすめです。

  1. 税制面で不利

暗号資産(仮想通貨)FXは、株式投資やFXと比べると税制面で不利になってしまう場合があります。

株式投資やFXの場合、獲得した利益は「申告分離課税」となり、給与所得などとは別計算で利益の金額に関わらず課税対象の上限を超えた場合をのぞいて、一律税率約20%で課税されます。

一方暗号資産(仮想通貨)FXで生じた利益は、給与所得などの他の所得と合算され、「累進課税」になります。

なので、それを合算した額が小さければ株式投資やFXよりも税率は小さくなりますが、金額が大きくなればそれにつれて税率もおおきくなり、最大で税率55%の所得税を課せられます。

暗号資産(仮想通貨)FX取引を行う際はこれらのことを考えてから取引を行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

暗号資産(仮想通貨)FXは少額投資で大きな利益が得られるチャンスのある、魅力満点の取引方法ですが、手数料や税制面、リスクの大きさを今一度考えてから行わなければなりませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

暗号資産ジャーナルでは、日々お役立ち記事を更新しています。

皆さんのお役に立てる記事もきっとあるので、気になった記事があればぜひチェックしてみてくださいね!

おすすめの記事