ライトコイン

ライトコインってなに?

ライトコインとは、ビットコインを始めとする仮想通貨の一つで、2011年10月に公開されました。

ビットコインが抱える問題をもとに、元Google社員であるCharlie Lee氏が作成したため、基本的な構造はかなり似ています。

トランザクション完了までのスピードや、決済手数料の安さなどが売りです。

基本情報
 通貨名 LTC/ライトコイン
 時価総額ランキング 7位(約5275億円)
 発行上限 84,000,000枚
 中央機関 なし
 承認方式 Proof of Work
 提唱者 Charlie Lee
 ウエブサイト https://litecoin.com/en/

ライトコインの特徴

ライトコインの特徴① ビットコインのサブアセットとしての役割

貴重で高価な金(ゴールド)がビットコインだとすれば、それよりも身近で安価な銀(シルバー)がライトコインであると言われています。

例えばビットコインの発行枚数は1200万枚ですが、ライトコインは8400万枚と4倍です。発行枚数が増えるほど、通貨の希少性は少なくなるため価格は安くなる傾向にあります。

その代わりに、処理速度(ブロック生成時間)はビットコインの10分に対し、ライトコインは2.5分となっており4倍速く承認されるため、迅速な取引を可能にしています。

また手数料も10円とビットコインの500円に比べて非常に安く、少額決済にも向いています。

ライトコインの特徴② 優れた技術が導入されている

ライトコインは取引データを圧縮する”Segwit”や、第三者を介さずに仮想
通貨の取引を行えるアトミックスワップ、また少額の決済記録をブロックチェーン外に保管し、一定期間がたった後で二者間での移動量をブロックチェーンに記録するライトニングネットワークという技術を導入し、ビットコインが抱えるスケーラビリティや処理速度、セキュリティの問題などを解決しました。

ライトコインの将来性

ライトコインは2020年2月現在、約8,000円で取引されています。2011年に公開されてから、もっとも歴史の古いアルトコインとして安定的な人気を誇り、現在も時価総額ランキングは7位です。

決済・送金などの実用的な優位性を持つため、今後一般的な決済ソリューションとして普及する可能性も高いのではないでしょうか。