Meta暗号資産プロジェクト「Diem」終了

Meta(旧Facebook)のCEO、Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏によって推進されていた暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「Diem」ですが、先日終了が発表されました

Diem協会のCEOであるStuart Levey(スチュアート・レヴィ―)氏は1月31日(米時間)、Diemの資産売却を発表しました。その理由として、連邦規制当局の根強い抵抗が挙げられます。

当サイトでは、以前もDiemについての記事を掲載しています。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

Diemの管理を行っていたDiem協会の声明によると、 “Diem Payment Network”(ディエム・ペイメント・ネットワーク)の運営に関連するDiemの知的財産を含む資産は、Silvergate Capital(シルバーゲイト・キャピタル)に売却されたそうです。

Bloombergでは、「Diemが資本を投資家に返すために資産の売却を検討している」と報じられています。

この資産売却により、Metaが推進していた暗号資産(仮想通貨)プロジェクトは実質的に終了せざるを得ない状況に陥っています。

またBloombergでは匿名情報筋の話として、Metaが同プロジェクトの約3分の1の資金を提供したとしていて、残りの資金はUberやShopify、Union Square Venturesなど、さまざまな企業が出資していたとしています。

もともと旧Facebookは、「Libra」というデジタル通貨構想を計画しており、2019年からその構想をもとにプロジェクトは動き続けてきたのでした。

しかし、連邦規制当局に意見され、たびたび名称変更やサービス内容に改変を行い、何とか実現に向けて進んできていたという背景があります。

そのサービスが、徐々に現在の「Diem」へとシフトしてきたのです。

Diemは当初、Visa、Mastercard、PayPal、eBayを含む創設パートナーとプロジェクトを推進していましたが、うち5社は設立直後にプロジェクトから離脱しています。

規制面も激しく、米議会の賛同を得ることができず、Diem終了を強く要請する議員もいました。

前述のとおり、Diemの資産はSilvergate Capitalに売却されましたが、一方で現在はJack Dorsey(ジャック・ドルシー)氏が率いるSquareなど多数の企業が暗号資産(仮想通貨)参入を図っており、デジタル通貨はメインストリームになりつつあります。

今後またMetaは、新たな暗号資産(仮想通貨)プロジェクトを手がけるのか、手がけるとしたらどのような着眼点をもつのかなど、必見ですね。

おすすめの記事