ノード

ノードとは?

ノードとは、ネットワークにおける「点」であり、ネットワークにつながる通信機器のすべてを指します。仮想通貨においては、仮想通貨取引所にアクセスするパソコンやスマートフォンもノードの一部となります。

ブロックチェーンを基幹技術とするビットコインなどの仮想通貨システムにおいて、ノードは重要な役割を担っています。中央管理者の代わりに、お互いの取引を監視するのがノードなのです。

不特定多数のノードが同じ情報を記録、管理、共有することで、ブロックチェーンにおけるセキュリティが保たれているのです。

ノードの種類

ノードと一口に言っても、いくつか役割に応じて種類があります。

フルノード

フルノードとは、ブロックチェーンの全ての記録を保管しているノードのことをいいます。フルノードは仮想通貨取引における改ざんなどの不正を監視するトランザクションの検証という役割を持ちます。マイニングをするマイナーたちは、このフルノードで参加することができるようになります。

軽量(SPV)ノード

フルノードになるためには、ブロックチェーン全ての記録をダウンロードする必要があり、動作が遅くなる懸念があります。そこで、SPVノードと呼ばれる軽量ノードは、各ブロックのヘッダー部分のみをダウンロードすることで、トランザクションの検証を行う方法です。しかし、役割は送金処理のみに限られております。

マスターノード

マスターノードには、一定数以上のコインを保有したものがなることができます。マスターノードになると配当として、仮想通貨で報酬をもらうことができます。

ノードのまとめ

皆さん「ノード」についてお分かりいただけたでしょうか。それほど難しい言葉ではありませんが、ブロックチェーンを軸とする仮想通貨のシステムにおいては非常に重要な存在です。仮想通貨に関わるのであれば、知っておくべき言葉ですね。