ナンス

仮想通貨やブロックチェーン関連の専門用語で特に分かりにくいのがこの「ナンス」です。実際はそれほど難しい言葉ではないので、今回は初心者向けに簡単に説明いたします。

ナンスとは

ナンス(Nonce)とは”Number used once”を省略した言葉です。

直訳では「一度限り使用される数値」という意味です。

ナンスはブロックチェーンにおいて、マイニングの際に使用される数値です。

マイナーたちは複雑な計算を通して新しいブロックをチェーンにつなぐ、マイニングという行為を行っています。

具体的には、ランダムな32ビットの値(これがナンスです)をハッシュ関数に代入し、ハッシュ値を生成していきます。

そのハッシュ値が、決められたある値(値の先頭に0がいくつも並ぶ)より小さくなるようなナンスを代入し続けるのです。

これには膨大な計算用、コンピューターパワー、時間、電力などが必要になり、マイニングがいかに厳しいものであるかが分かります。

つまり、マイニングとはナンス探しと言い換えることができます。

そしてそのようなナンスが見つかると、他のマイナーなどがそれを用いて検算を行い、正誤性が確認されます。

そのマイニングによって新たにつなげられたブロックには、そのナンスも組み込まれます。

マイナーたちは、このナンスを探すために日夜マイニングに励んでいるんですね。