P2P(ピアツーピア) 意味 | 暗号資産に関する「英単語集」

    P2P(ピアツーピア) 意味

P2P(Peer to peer の略)
暗号資産取引においてP2Pは、相対取引、つまり中央機関を介さず、個人間で取引できることを指す。
暗号資産取引は、P2Pというネットワークのもとに成立され、P2Pであるからユーザーが増えても暗号資産の取引や送金は問題なく行えています。
暗号資産におけるP2Pモデルは、ブロックチェーンによって実現されている。法定通貨や一般的な金融商品のやり取りであれば、中央銀行や各種金融機関など中央機関がある。それに対し暗号資産の場合、取引履歴をひとつなぎにしたブロックチェーンを採用されており、中央機関がなくても安全であるとされている。
おすすめの記事