PayPalが暗号通貨を購入、保持、販売できるようにするサービスを新しく開始する!?

10月21日、米PayPalは、アメリカ国内で今後数週間以内をめどに暗号資産をPayPalのデジタルウォレットで取り扱えるようにすると発表しました。

現時点ではアメリカ国内だけですが、もし、これが日本でも展開されるようになると、さらに暗号資産の取引が活発化しそうですね。

今回は、米PayPalからリリースされた記事(https://newsroom.paypal-corp.com/2020-10-21-PayPal-Launches-New-Service-Enabling-Users-to-Buy-Hold-and-Sell-Cryptocurrency )を参照しながら今後PayPalがどのような暗号資産サービスを展開していくのか詳しく説明していきたいと思います。

気になった方は最後まで記事をチェックしてみてください!

PayPalの新しい暗号資産サービス

今回サポートされるのは、Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Litecoinなど、取引高も多く、人気の4銘柄です。利用者はPayPalデジタルウォレット内で選択した暗号通貨を購入、保持、販売したりできるようになります。

暗号資産は法定通貨への換金も可能で、換金に関して追加料金はありません。また、PayPalのリリースニュースによると、20201231日までは、暗号資産売買の手数料も無料とするようです。

PayPalは世界で、三億人以上利用する簡単で安全な決済・送金サービスなので、今後このサービスが世界で利用できるようになったらより暗号資産が身近なものになりそうですね。

今後、日本ではいつ対応するかは未定ですが、暗号資産が一つの決済手段になると、よりストレスフリーにコストも手間もかけずに国際間での決済ができそうですね。

2021年初頭には、PayPalの加盟店約2600万で暗号通貨での支払いが可能になる予定です。加盟店は、PayPal独自でのレートで換金された法定通貨を受け取ることができます。

CEOのダン・シュルマン氏は「PayPalのグローバル競争力やデジタル決済に関する専門性、消費者と加盟店を結ぶ確かなネットワーク、高いセキュリティとコンプライアンス管理が、デジタル通貨の普及に役立つだろう。世界中の中央銀行や規制当局と協力し、グローバルな金融と商業におけるデジタル通貨の役割形成に貢献していく」と語り、PayPalでの暗号資産の取り扱いの意義について述べました。今後も決済サービスを提供する企業からの暗号資産を取り扱いはますます活発になりそうですね。

また ブルームバーグのニュースによるとこのPayPalの新しいサービスの発表を受け、ビットコインは前日比一時8%高の1万2854ドルと急騰し、2019年7月以来の高値をマークしました。

今後の需要も見越して個人投資家が、ビットコインを買い付けたのが原因ようです。また、他の暗号資産も価格が高騰傾向にあり、ライトコインは12%、ビットコインキャッシュは8%をそれぞれ超える場面がありました。

#フィンテック企業による暗号資産サービス提供の過熱

実際に、もうすでに決済サービスのプラットフォームで暗号資産が選択できるものもあります。PayPalの競合、ジャック・ドーシー氏率いる米Squareでは2018年から自社のプラットドーム「Square Cash」Bitcoinの送金を可能にしています。また同社では今後の需要を見越し今月、5000万ドルで4709ビットコインを購入しています。

今後、金融機関では、高度な取引をし、利益を上げる金融商品としての暗号資産だけではなく、より手軽に資産としてPayPalのようなデジタルウォレット内に保有し実用性を高める目的で利用できるようなサービスを展開していくでしょう。

近い将来に中央銀行から独自のデジタル通貨を発行すると予想している通り、世界全体としてもデジタル通貨への移行が避けられないでしょう。

このデジタル通貨への移行に先んじるかたちで、暗号資産の実用性を大幅に向上させる目的でPayPalが新しい機能を導入したのは大きなアドバンテージとなるでしょう。

アメリカでサービスを導入した後も、PayPalでは2021年前半をめどにモバイル決済サービスのVenmoでも実装するとし、ほかの国でも順次提供される予定です。

#まとめ

新型コロナウィルスにより、キャッシュレス、暗号資産、デジタル通貨などの利便性、需要が再確認されています。

PayPalでは、コロナ禍においてキャッシュレス社会、デジタル決済の重要性を訴えており、今回の新しいサービスの発表はその構想に一歩近づくものとなるのではないでしょうか。

フィンテック企業による暗号資産分野参入は目覚ましいものですが、今後どのようにサービスを成長させていくのかも注目ですね。

以上、今回はPayPalが提供する新しい暗号資産のサービスについて詳しく説明してきました。

暗号資産ジャーナルではほかにもたくさん暗号資産に関する最新ニュース、記事をアップロードしているのでぜひそちらもご覧ください。

おすすめの記事