パブリックチェーン

ビットコインの基幹技術であるブロックチェーンには大きく分けて「パブリックチェーン」と「プライベートチェーン」の二種類があります。今回は両者の定義や違いを初心者の方向けに解説したいと思います。

パブリックチェーンとプライベートチェーンの定義

それではまず、パブリックチェーン、プライベートチェーンそれぞれの定義を見ていきましょう。

パブリックチェーン
仮想通貨の取引情報の記録に用いられるブロックチェーンにおいて、特定の管理主体を置かず、不特定多数の参加者により取引情報の合意形成を行う仕組みです。

プライベートチェーン
仮想通貨の取引情報の記録に用いられるブロックチェーンにおいて、単一の管理主体が運営・記録を行う仕組みです。

(引用:コトバンク)

つまり、ビットコインなどで用いられるブロックチェーンはパブリックチェーンと言うことができそうですね。

二つのチェーンの違い

上記の定義からもわかるように、二つのチェーンにおける大きな違いは、特定の管理者が存在するかしないかということです。

またほかにも、パブリックチェーンにはだれでも参加できますが、プライベートチェーンには参加者制限があることも、両者の違いの一つです。

パブリックチェーン・プライベートチェーンのメリット・デメリット

パブリックチェーンのメリット

  • 誰でも取引に参加できること
  • 分散化により、特定の個人による改ざんがほぼ不可能
  • 全てのノードにデータが共有され、透明性がある

パブリックチェーンのデメリット

プライベートチェーンのメリット

  • 迅速な取引の承認
  • 管理が容易

プライベートチェーンのデメリット

  • 参加者が制限されている
  • 管理者の恣意が働納品可能性

このようにパブリックチェーンとプライベートチェーンには、それぞれのメリットデメリットが存在します。

自律分散型のパブリックチェーンと中央管理に適するプライベートチェーンは今後使い分けが進んでいくと言われています。

パブリックチェーンとプライベートチェーンのまとめ

非中央集権型のパブリックチェーンとは対照的に、中央集権型との親和性が高いプライベートチェーンは今後企業において、その採用が進んでいく可能性は十分にあります。

革新的技術といわれるブロックチェーンが、今後どのように進化していくのかに注目が集まっています。