ビットコインってなんですごいの? 暗号資産(仮想通貨)に対する素朴な疑問を解説

暗号資産(仮想通貨)に関わったことのない場合、いきなり「ビットコインが~」という話をされても、
「意識高い系の話だ。自分には関係ないし…」と思ってしまっても無理はありませんよね。

これは言うまでもなく、暗号資産(仮想通貨)の知名度がまだまだ低く、利用者もマイナーだからです。

しかし、昨今価格も高騰し、徐々に新しいお金の形として浸透しつつある暗号資産(仮想通貨)。

いままで知らなかった人も、まるで興味のなかった人も、ニュースでたびたび目にすれば、やはり 「暗号資産(仮想通貨)ってどういうものなんだろう?」 と気になりますよね?

そこで今回は、ビットコインのような暗号資産(仮想通貨)にあまりなじみのない人たちが抱える素朴な疑問と、それに対する解説を行っていこうと思います。

1.そもそも暗号資産(仮想通貨)って何?

「そもそも暗号資産(仮想通貨)って何?」

この漠然とした質問には、たくさんの投資家や専門家が悩まされたに違いありません。これは、専門用語や仕組みの説明をたくさん組み込まなければ本当に理解することは難しいからです。

しかし、ここで数百ページにわたって解説してもすぐに納得していただくことは難しいと思いますので、できるだけ短くお伝えしようと思います。

暗号資産(仮想通貨)はその名の通り、仮想上のお金のことです。

実体はなく、デバイス(媒体)とインターネット環境があれば、基本的にいつでもどこでも取引ができることが特徴的です。

さらに大きな特徴は「非中央集権型」であることです。

皆さんが普段使い慣れている法定通貨(日本なら日本円)は、国や銀行など様々な機関をはさんでいます。そのため、銀行が主体となって情報を管理していますし、お金の信頼性は国が保証しています。

これは一見普通のことのように思えますが、いくつものリスクをはらんでいます。情報が見えないこと、国の信頼が破綻することなど、予期せぬ事態が発生した際に自分の資産を守れない可能性を指しています。

そこで「非中央集権型」が役に立つのです。これは「みんなで情報を共有しあい、価値の保証をしあおう」という仕組みを意味しています。

また、これにより中間にたくさんの機関をはさまずに済むので、送金や取引のスピードも今までよりも圧倒的に速くなります。

スピード・信頼性・いつでもどこでも使える利便性を兼ね備えているお金であることが暗号資産(仮想通貨)の特徴であり魅力です。

暗号資産(仮想通貨)の始まりは、サトシナカモトという謎の人物(団体)が執筆した論文を元にビットコインのソフトウェアが開発されたことです。

一般的にビットコイン=暗号資産(仮想通貨)のイメージを持つ人も少なくないようですが、暗号資産はあくまでもビットコインのようなお金の総称であり、この世にはビットコインのほかにもたくさんの種類の暗号資産(仮想通貨)があるのです。

しかし、一番最初に開発され、かつ一番有名なビットコインと区別がつくように、ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)のことを「アルトコイン」と呼びます。

もし、「もっと細かく知りたい!」と思われる方がいらっしゃいましたら、こちらの記事をチェックしてみてください!

ビットコインの基礎知識について2パートに分けて解説しています。

2.違法ではないの?

「暗号資産(仮想通貨)って違法ではないの?」という疑問を持つ方が多くいらっしゃるようです。

結論からお伝えすると、ビットコインを含む暗号資産(仮想通貨)自体は全くもって違法なものではありません

それぞれの暗号資産(仮想通貨)の規定にそって、正しい利用方法で利用していれば何も違法なことはありません。

では、なぜ暗号資産(仮想通貨)が違法であるというイメージをもつ人がいるのでしょうか?これは、暗号資産(仮想通貨)を違法な取引を目的に扱っている人がいるからなのです。

暗号資産(仮想通貨)を利用した詐欺や薬物がらみの取引、マネーロンダリングなどが違法な取引の例です。このような使用例が取り締まられたニュースを見ると暗号資産(仮想通貨)自体を怪しむ心理につながるのでしょう。

ここで、多くの人々が日常的に利用するお金の法定通貨について考えてみましょう。

残念ながら、法定通貨も日々様々な犯罪やトラブルにつながっています。法定通貨でも詐欺や横領、金銭トラブルによる人間関係のこじれのニュースが日々流れています。

ですが、「『お金』というものは犯罪に使われていて怪しいから今後は使わないでおこう」という思考にたどり着くことはありません。

現代社会において、お金を一切使わずに過ごすことは不可能に近いからです。

しかし、暗号資産(仮想通貨)は近年作成されたばかりのシステムで、まだまだ「お金」という認識が広まっていません。

違法な目的での使用例が「暗号資産(仮想通貨)を使っての犯行」と報道されれば、暗号資産(仮想通貨)が怪しいと認識されても無理がないようです。

ところが、ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)の多くは、すべての取引がネットワーク上に公開されるようにできています。

つまり、犯罪や違法行為に利用しようとすると、追跡できてしまうケースが多いのです。

暗号資産(仮想通貨)を違法行為目的に利用することはできるだけ避けた方が良いのです。

3.なんでこんなに種類があるの?

この記事の勝目の方でも説明した通り、暗号資産(仮想通貨)は大きく分けてビットコインとアルトコインの2種類に分けることができます

暗号資産(仮想通貨)は、世界中で日々開発されており、今では約2000種類以上流通しているといわれています。

いったいなぜこのようにたくさんの種類の暗号資産(仮想通貨)が生まれたのでしょうか?これは、暗号資産(仮想通貨)がそれぞれ目的別に使用用途があるからです。

ビットコインは先ほども説明した通り、世界最古の暗号資産(仮想通貨)であり、ブロックチェーンシステムという仕組みを元に作られています。

イーサリアム(ETH)というアルトコインは2015年に登場したもので、2021年1月27日時点で時価総額が2位の暗号資産です。(1位はビットコイン)

イーサリアムの最大の特徴はブロックチェーンではなく「スマートコントラクト」という管理者なしにユーザ自身の定義した契約を自動執行できるシステムを使用しているところです。

イーサリアムのシステムを元にして作られているアルトコインも数多く存在しています。

リップル(XRP)はRipple社という会社が開発した送金・決済システムで利用される暗号資産(仮想通貨)です。

送金や取引のスピードや手数料の安さから、異国間の送金の際に仲介を担う「ブリッジ通貨」として使用されます。

これは例えば、日本円をUSドルに換金する際に2国間の為替や換金業者の影響を受けずに、リップルを介して換金ができるということです。

このように、様々な使用用途に合わせて続々と暗号資産(仮想通貨)が誕生しているのです。

中には会社や組織などの団体内で共通して利用される暗号資産(仮想通貨)も存在するようです。使用用途に合わせて、自分に合ったものが選べるというのも暗号資産(仮想通貨)の魅力の一つです。

4.なぜ価値が生まれたの?

ビットコインは2021年1月27日時点で1BTC=320万円以上の価値をもつ暗号資産(仮想通貨)となっています。

もちろん最初から価値があったのではなく、様々な出来事を通して価値が上がりましたし、その裏には大勢の人物や組織の努力がありました。

先ほど登場した謎の人物サトシ・ナカモトが論文を発表し、ブロックチェーンが開発される運びとなったわけですが、この時点では一銭の価値も発生していませんでした。

開発者間での試験的な送金やアップデートなどを行い、およそ1年かけて初めて1BTC0.07円の価値が生まれました。今の価値からは考えられない価格ですね。

このアップデートや研究をさらに発展させ、ついにビットコインに歴史的瞬間が訪れるのです。

これが2010年5月22日の「ビットコインピザデー」と呼ばれる日です。

この日の4日前の5月18日に、開発者の一人のラズロー氏は「ビットコインフォーラム」というサイト上で「10,000ビットコインをピザ2枚を交換してくれる人」を呼びかけました。

当時の1BTC当たりの価格はおよそ0.0025ドルなので、ピザ2枚でおよそ25ドルを支払う計算になります。

そしてほどなくして「Papa Johns」というアメリカのチェーン宅配ピザ店でオンライン決済ができる手立てが講じられ、クレジット決済で無事に購入がなされました。

現在、その日から10年以上の月日が経っていますが、その間に様々な出来事があり、現在の形になっています。

掲示板Bitcoin Forumには、パパ・ジョーンズからピザを購入したLaszlo Hanyecz氏の投稿が残されています。

参考:Pizza for bitcoins?|Bitcoin Forum(https://bitcointalk.org/index.php?topic=137.0

このような価値が生まれた根本的な理由は、先ほども上げた暗号資産(仮想通貨)のスピード・非中央集権的制度・利便性などがあげられます。

このような要素は、現時点では暗号資産(仮想通貨)以外の通貨にはないものだからです。

「おままごとのお金に価値がつかないのはなぜか?」という問いもよく挙げられているようですが、もちろん価値をつけようと思えば付けられないこともありません。

ただし、何かに価値がつくには、みんなが共通してそれに同じだけの価値があると認められるときだけなのです。

信頼が肝となる金銭で価値を生み出すのにはそれだけの努力や開発が必要だということがよくわかりますね。

5.なんで「ビットコイン」が人気なの?

ここまでで、なぜビットコインに価値が生まれたのか、暗号資産(仮想通貨)がどのようなものなのかなどがざっくりとお分かりいただけたかと思います。

ビットコイン人気の秘密も何となく想像がつく方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人気の裏には、様々な企業や組織の結託があります。

ビットコインの魅力に気が付いたアメリカの大手仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)、シカゴ・オプション取引所(CBOE)やシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)といった取引所がビットコインの先物取引を行ったことがきっかけで、ビットコインの知名度が上がり、投資対象として注目されるようになりました。

その後徐々に日本でコインチェックのCMが放映され始めたり、ビックカメラがビットコインでの決済を導入したりと、日本のメディアがビットコインを取り上げたことも人気の原因です。

結果、ビットコインは「怪しい」というブラックボックスから、「儲かる」というポジティブなイメージに変換されていきました。

まとめ

いかがですか?暗号資産(仮想通貨)に対する疑問は解決できたでしょうか?

この記事がきっかけで、少しでも皆さんのビットコインに対する興味が湧けば幸いです。

ただし、他のどの資産運用もそうですが、「必ず成功する」方法はほとんど存在しないので、暗号資産(仮想通貨)を始める際はキチンと下調べを行ってから活用しましょう。

暗号資産ジャーナルでは、そんな方にとっておきの記事を日々更新していますので、気になる記事があればぜひチェックしてみてください!

おすすめの記事