スケーラビリティ

スケーラビリティ問題とは

ビットコインにおけるスケーラビリティ問題とは、基幹技術であるブロックチェーン(ブロックチェーンについては別記事を参照)において、ブロックの容量が1MBまでと決まっていることで、データの処理速度が低下してしまう問題をいいます。

ブロックの容量が定められているということは、そのブロックに書き込むことのできるトランザクションの数が決まっていることであり、その数を超えると処理速度が大きく遅延してしまうことにつながるのです。

処理速度の遅延があるということは、ビットコインが日常的に決済や送金で使われにくくなるということです。

仮想通貨のメリットであるそれらの特徴が失われれば、あえて資産にビットコインを選択する人も少なくなり、仮想通貨そのものが下火になる可能性すらあるのです。

そのため、ビットコインにおけるスケーラビリティ問題は、仮想通貨業界においては最も注目を集める話題の一つといえます。

スケーラビリティ問題の解決策は?

スケーラビリティ問題を解決するにはどのような方法があるのでしょうか?

一つ目は、ブロックに書き込むトランザクションデータを縮小する方法です。ブロックの容量がトランザクションデータでいっぱいになってしまうのであれば、個々のデータを縮小すればいいというシンプルな発想ですね。

この手法の中で最も有名なのが”SegWit”と呼ばれる技術です。実際に2017年8月にはビットコインにこのSegWitが導入されています。この技術は、簡潔に言えば取引データのサイズを圧縮してブロックに書き込むことができるものです。具体的には、1MBのブロックに1.7MB分のデータを書き込むことができます。

しかし、将来のユーザー数の増加に対応できない可能性や、その仕様の複雑さから一度取り込むと書き換えが利かないことから賛否は分かれています。

二つ目は、ブロック自体のサイズを拡大する方法です。ブロックを大きくすれば、取り込めるデータ量も増えるという考えに基づいています。

しかし、ブロックのサイズを拡大するという大規模な仕様変更は、ハードフォークと呼ばれる通貨の分岐が伴います。つまり、仕様変更を行う前の通貨と、行った後の通貨に互換性がなくなり、それぞれ別の通貨に分岐するのです。

具体的に、ビットコインから分裂してできたビットコインキャッシュは、ハードフォークによって1MBから8MBにブロックサイズを拡大し、現在では32MBのブロックサイズを持っています。

他にも、ブロックの生成時間を短縮したり、ブロック外で取引を記録する解決策もあります。

スケーラビリティ問題まとめ

スケーラビリティ問題は、将来の仮想通貨の命運を握る重要な問題です。しかし、上記の通り、既出の解決策にはデメリットも存在します。

スケーラビリティ問題の話題がニュース等に出ると、通貨の価格が大きく変動することもしばしばあります。仮想通貨へ投資している人、または投資を考えている人は、この問題にしっかりと注目する必要がありそうですね。