暗号資産(仮想通貨)に投資すべき?ビットコインは安全?暗号資産(仮想通貨)をはじめる前に解決したい疑問

暗号資産(仮想通貨)の取引をはじめる際、さまざまな不安や疑問が生まれますよね。

暗号資産(仮想通貨)を取り扱ったことのない方からすると「仮想通貨」という響きがそもそも怪しく聞こえることもあります。

暗号資産ジャーナルでは、過去にも暗号資産(仮想通貨)に関するよくある疑問をまとめてきましたが、今回はその第2弾です。

「ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)は安全なのか?」、「なぜ人々は暗号資産(仮想通貨)を新たな投資のプラットフォームとして活用しているのか?」など、過去の記事よりもさらに深堀していきたいと思います!

そもそも「暗号資産(仮想通貨)」って何?

暗号資産(仮想通貨)は、支払い方法の一つで、インターネット上で物やサービスのお買い物をするためのものです。

インターネットを通じて暗号技術を用いて取引を行うので「暗号資産」と呼ばれています。

お馴染みの「ビットコイン(BTC)」は最初に作られた暗号資産(仮想通貨)で、現在ある暗号資産(仮想通貨)の多くはビットコインの技術をもとに作られています。

また、現在暗号資産の種類は6000以上あり、企業単位で「トークン」と呼ばれる独自開発の暗号資産(仮想通貨)が作られることが多くなっています。

ゲームメダルやカジノのチップが現実社会で価値を持ったものと考えても良いでしょう。

暗号資産(仮想通貨)の多くは「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を元に作られています。

ブロックチェーンは、非中央集権型の技術で、無数のコンピュータ間で取引の記録を取る役割を果たす技術です。

よく「分散型台帳」という風に説明されますが、「たくさんの取引記録が残されたデータベース」と考えるとよりイメージが湧きやすいかもしれませんね。

なぜ「暗号資産」と「仮想通貨」という呼び方があるかについてはこちらの記事を読んでみてください!

暗号資産(仮想通貨)に投資すべき?

先ほどのセクションでは、暗号資産(仮想通貨)は物やサービスの購入に使うと説明しましたが、「暗号資産(仮想通貨)=投資」というイメージを持たれる方も非常に多いのではないでしょうか?

現在、暗号資産(仮想通貨)は今まで以上に価格が高騰し、注目され、人気の投資対象になりつつあるのでそのイメージは正しいといえます。

そんな暗号資産(仮想通貨)に「投資すべきかどうか?」という疑問を持たれる方が多くいらっしゃるかと思います。

これに関しては専門家によって意見が分かれています。

このセクションでは暗号資産(仮想通貨)の投資に対して反対派の意見と賛成派の意見を見ていこうと思います。

「投資すべきか?」と考える場合これらのことを念頭において行動しましょう。

暗号資産(仮想通貨)投資に反対の意見

価格の上下が激しいことで有名な暗号資産(仮想通貨)ですが、だからこそ現在暗号資産に投資している投資家たちは暗号資産を「投資」ではなくほんの「投機」と考えていることを知っておきましょう。

理由としては、他の通貨と同じように暗号資産(仮想通貨)にはあくまでもキャッシュフローがなく、利益を得るためには他の第三者が自分よりも多額の資金を支払わなければならないことがあります。

これは投資における「大馬鹿理論」(The Greater Fool Theory)と呼ばれており、特に短期投資の専門家の間では、暗号資産(仮想通貨)は「未来の通貨」と呼ぶには安定性に欠けるという意見もあります。

世界的投資家のウォーレン・バフェット氏もビットコインを小切手に例えていて、ビットコインが送金や匿名性に優れている面を評価する反面、価値はあまりないという意見を示しています。

また、暗号資産(仮想通貨)価格の変動が激しいがゆえに投資に向いていないという意見があります。

「将来性」という言葉は必ずしも投資においてポジティブな言葉ではなく、「ビットコインの価値が上がるのがいまではなく将来なのであれば今流通させる人は少ない」と考える専門家もいます。

暗号資産(仮想通貨)の投資に賛成の意見

暗号資産(仮想通貨)に投機して成功している人々や、暗号資産に明るい未来を期待している人々は「暗号資産に投資すべき」と答えますよね。

その理由はさまざまありますが、ここでは先ほどの「反対派」の意見に対しての賛成派の意見を取り上げようと思います。

「反対派」の意見では、暗号資産(仮想通貨)に価値がないと感じている人がいることがわかります。

これは、「万人に共通する価値」がないという風に言い換えることもできます。

小切手も、ゲームで使われるおもちゃの紙幣も、価値を持たせようと思えばできなくはないのです。

そのもの自体にニーズがあれば、需要が上がるからです。

暗号資産(仮想通貨)においていえば、送金速度の速さを重視する人や、手数料の安さを重視する人、金銭の平等性や安全性を求める人にとっては、それを必要としていない人に比べれば「価値」の基準がかわります。

さらに、先ほど登場した「大馬鹿理論」は一見ネガティブな単語に見えますが、投資対象に価値があると判断する人が増えれば得をする人も増えるので、必ずしも悪いことではないのです。

暗号資産(仮想通貨)に投機・投資を行う際に、情報を逐一チェックする癖をつけたり、価格の波のパターンを読むコツを覚えたり、チャンスをつかむ環境を自分自身で作り出せるスキルのある人が得をする傾向があるようです。

明確に書いてある答えを探すのではなく、自分で探りながら自分に合った答えを見つけられるようになりましょう。

そのような答えにたどり着ける人からすれば、暗号資産(仮想通貨)は投資や投機を行うべき対象であると言えるでしょう。

ただし、暗号資産(仮想通貨)に限らず、何かに「投資すべきか?」という質問を誰かに聞く前に、投機や投資自体がリスクをはらんだ行為であるということが充分理解しておきましょう。

何においても「絶対」は存在しませんし、あくまでも「可能性」であるということを心得てから行動に移してください。

投資や投機も、当然自分の資産のすべてを投じるのではなく、リスクがあるということを理解してから余剰資金で行える範囲で行うことをオススメします。

さらに、投資も余剰資金のすべてをつぎ込むよりもリスクヘッジとして捉える方が精神的にも負担が少なくなるかと思います。

暗号資産(仮想通貨)はなぜ人気?

暗号資産(仮想通貨)はなぜここまで人気が出たのでしょう?

暗号資産(仮想通貨)が一部の人々にとって爆発的人気を誇っている理由を5つ見ていきましょう。

1.暗号資産(仮想通貨)が未来の通貨になりうるから

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)は、今はまだ「通貨」と呼ぶには必要な要素を持ち合わせていないということで、「暗号資産」という呼び方が広められています。

しかし、最初に「仮想通貨」という呼称が流行っただけに、「未来の通貨」として大いに期待を寄せている人々もいます。

将来価格が上昇することを予想して、その前に購入を急いでいる人もいるということです。

2.非中央集権的なシステムを採用しているから

暗号資産(仮想通貨)は、中央銀行のような従来の中央集権的なシステムを変えようとするしくみを利用しています。

冒頭でも説明のあった「ブロックチェーン」という技術を利用し、マネーサプライの管理が一つの場所に集中しすぎることを防ごうとしています。

このような考えを支持する人々が暗号資産(仮想通貨)を保持しようと考えています。

3.技術力に優れているから

先ほどあった「ブロックチェーン」技術は、現在大変注目されている技術です。

暗号資産(仮想通貨)の広まりを中心に知られるようになった技術ですが、今後その技術が他のことにも応用されるようになると言われています。

さらに、暗号資産(仮想通貨)市場では、新しいトークンが日々開発されていますが、開発者たちもそれぞれの暗号資産を売り出すために新しい技術を搭載し、アピールポイントとして売り出していかなければなりません。

そのため、技術が著しく発達し、より安全に安心できる決済システムを作り出しているのです。

4.価格が上昇しているから

2021年は暗号資産(仮想通貨)市場が大きく動いた年として歴史に刻まれることが予想されるくらい暗号資産の価格が上昇しました。

そのような価格の上昇に関心のある投機家や投資家が多いので、暗号資産(仮想通貨)の人気も上昇しているのです。

この発想を支持する人々は、暗号資産(仮想通貨)を「未来のトークン」として保有したいと考えているわけではなく、あくまでも投機目的で暗号資産をみています。

5.送金速度が速いから

暗号資産(仮想通貨)の送金速度は、従来の決済システムや送金法に比べて圧倒的に速く作られています。

なぜならば、中央管理システムに頼らないシステムを利用しているからです。

従来の支払いシステムでは、銀行のようなお金の管理を行う第三者が必要でした。

さらに言えば、銀行を動かしている人が必要だったのです。

しかし、暗号資産ではそのような第三者を必要としないシステムを採用しているので、分単位、さらに早ければ秒単位で世界中に送金を行うことができるのです。

暗号資産(仮想通貨)は合法なの?

今日、暗号資産(仮想通貨)のニュースを目にすることが多くなりましたので、名前を聞いたことがある人は増えているかと思います。

しかし、いまだに多くの人にとっては正体のわからないブラックボックスなのではないでしょうか?

暗号資産(仮想通貨)がどういうものなのかを知らなければ「怪しい」という懐疑心が生まれても不思議ではありません。

「そもそも暗号資産(仮想通貨)を取引するのは合法なの?」という疑問を持つ方もいらっしゃいますよね。

日本では暗号資産(仮想通貨)を保持したり取引したりという行為は合法です。

アメリカのような国も、暗号資産(仮想通貨)を広める活動を積極的に行っています。

しかし、日本では暗号資産(仮想通貨)に関して、年々試行錯誤を繰り返しながら法律の改定を行っているので、日本居住者が受けられないサービスもあります。

日本国内の暗号資産(仮想通貨)取引所では取引できない暗号資産(仮想通貨)等も存在するので、事前に調べておく必要があります。

また、中国やインドでは暗号資産(仮想通貨)の取引が全面的に禁止されていた時期もあり、暗号資産(仮想通貨)の利用を容認するかどうかは情勢によって変わる場合もあります。

こんなふうに、暗号資産(仮想通貨)の取引や保有が法律上合法かどうかは国と地域・その時々の各国の情勢にも夜と言えます。

さらに、過去に起こった暗号資産(仮想通貨)を利用した膨大なスケールの詐欺やサーバー犯罪、マネーロンダリングなどからも「怪しい」というイメージが生まれているようです。

これらの報道が原因で「暗号資産(仮想通貨)は危ないものだ。」という認識を持っている人も一部いますが、常識の範囲内の活用方法はもちろん合法ですし、正しい知識を身につけていれば問題もないはずです。

正しい知識が広まれば「危ない」や「怪しい」といったもやもやした疑いも晴れるでしょう。

ビットコインはどのくらい安全?

ここまでで、ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)に儲かりそうな側面や怪しそうな側面、技術力が高い側面など、さまざまな顔があることがお分かりいただけたと思います。

そこで、そもそも「ビットコインは安全なのか?」という疑問を持たれた方もいらっしゃると思います。

これに関しても、「暗号資産に投資すべき?」という質問と同様、YESと答える人とNOと答える人がいます。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

「ビットコインは安全ではない」派の意見

経済に関する情報掲載サイトのNerdwallet(ナードウォレット)の“Is Bitcoin Safe?”(ビットコインは安全?)の記事を参考に見てみましょう。

ここでは「ビットコインは安全か?」という問いに対し、冒頭でいきなり「No.」と答えています。

「投資は必ずしも安全ではない」というのはどの投資対象においても言えることです。

しかし、Nerdwalletの記者たちによると、ビットコインは独特な危険性があるとのことです。

彼らがここでいう「安全性」とは、投機や投資を行う際のリスクのことです。

暗号資産(仮想通貨)にはキャッシュフローがなく、激しい価格変動がリスクの主な原因だと話します。

高騰することに関しても、「高騰した後に見るから魅力的に感じるのであり、その瞬間に売却し、お金が手元に入ればさらに魅力的だが、現実はそううまく行かない」と話しています。

また、暗号資産(仮想通貨)が法定通貨とは違い、国家によって価値が保証されている物ではありません。

例えばビットコインを支えているブロックチェーン技術が破綻してしまえば、現在保有しているビットコインは価値を持たなくなってしまうというリスクがあります。

さらに言えば、詐欺やサイバーテロ、ハッキングなどの犯罪に巻き込まれる可能性も充分にあります。

これらに関しても、新しいセキュリティシステムを構築したとしても、そのうえを行こうと試みる詐欺やハッキングの手口が生み出されないという保証はありません。

ビットコインのような暗号資産(仮想通貨)を信用しきっていない人はこのような状況を危険視しているのですね。

「ビットコインは安全である」派の意見

ビットコインに安全性を求める場合、先ほどの危険性をなるべき回避する方法を考えればよいのです。

つまり、日頃から暗号資産を活用している人からすれば、上記の危険性をしっかりと理解して対処していれば問題はないといういことです。

セキュリティ面に関して言えば、ホットウォレットとコールドウォレットを使い分けて管理を行ったり、2段階・3段階認証を搭載している取引所を利用すればより安心できますよね。

ブロックチェーンが破綻してしまう可能性も、全くないとは言えませんが、今まで通り運営が行われている限りは起こりうる可能性は低いでしょう。

もちろん、「絶対的な安全性」は保証できるものではありません。

しかし、それは先ほども述べたように、どの投資や資金運用に関しても言えることです。

自分の身を守るためにも正しい知識を備え、資産を分散して上手にリスクに備えましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、今まで多かった疑問を、いつもとは少し違った角度からお答えしていきました。

暗号資産(仮想通貨)に対するもやもやが少しでも晴れましたでしょうか?

暗号資産(仮想通貨)での資産運用は他の運用方法に比べると新しく、まだまだ解決しなければならない課題がたくさんあります。

みなさんが正しい知識を身に着けて、より安全に楽しく運用できることを祈っています。

暗号資産ジャーナルでは、日々お役立ち記事を更新しております。

他にも気になる記事があればぜひチェックしてみてくださいね!

おすすめの記事