two-factor authentication 意味 | 暗号資産に関する「英単語集」

  two-factor authentication 意味

二段階承認
顧客が設定したログインパスワードのほかに、別途、認証アプリ、メール等で発行される認証コードにより確認を行う仕組み。アカウントのセキュリティをより強固なものにするために使用され、主にマイページへのログイン時、暗号資産の外部送付時、日本円出金時、外部アドレス登録時に求められる。
主に使われる二段階認証の方法は以下の通り。
①アプリ認証
アプリから発行されるコードで認証を行う方式。スマートフォン用の認証アプリをお手持ちのディバイスにダウンロードし二段階認証の設定を行う。
メリットとして、登録したスマートフォン・ディバイスでのみ認証コードを発行できるため、第三者によるなりすまし・不正ログインを防ぐことができる。しかし、デメリットもあり、スマートフォン・ディバイスを買い替え、故障によってアプリが使えなくなってしまった場合には地震で二段階認証を解除することはできない。買い替えの場合は事前に二段階認証を解除したのち、新しいスマートフォン・ディバイスで二段階承認を設定をする必要がある。
②SMS認証
自身の携帯電話番号へ認証コードを送付する方式。
メリットは、自身で登録した電話番号あてに認証コードを発行するため、第三者によるなりすまし・不正ログインを防ぐことができる。しかし、デメリットとして、一部のディバイスではSMS認証に対応していない機種もあるので事前にチェックが必要。
③メール認証
自身で登録したメールアドレスに認証コードを送付する方式。
メリットとして、SMS、アプリよりもより手軽に認証コードを受け取ることができる。しかし、デメリットとして、メールアドレスが流出してしまった場合、第三者に二段階認証を悪用されるリスクもある。
おすすめの記事