BOE(Bank of England)とは?

Bank of England(BOE)とは、イングランド銀行を指します。

BOEは、1694年に設立された世界で2番目に古い中央銀行であり、設立当初はプライベートバンクとしてサービスを開始しました。

現在はイギリスの国内の物価安定や、イギリス政府による経済政策の支援を行っています。

イングランドとウェールズで法定通貨年て流通しているポンド(£)の発券も行っています。

運営

BOEは世界経済でも非常に大きな役割を果たしており、BOEの金融政策委員会であるMonetary Policy Commitee(MPC)が行った政策金利などの決定による金融政策変動などの同行は多くのマーケット関係者や投資家の注目を集めています。

さらに、MPC以外に財務政策委員会の役割を果たすFinancial Policy Committee(FPC)や、健全性保全委員会の役割を果たすPrudencial Regulation Committee(PRC)の3つの委員会が重要決定事項決めています。

これらの総裁は議長が務めています。また、これらの役職に就くためにはそれ相応の知識と経験が必要で、BOEの関係者以外の人材も含んで結成されています。

BOEの収入源

ここまでで、BOEがイギリスの国民の財政を担う公的な機関であることがわかりましたが、驚くことに、BOEの予算は英国財務省から出ているわけではありません。

実際には以下のような方法で資金調達を行っているのです。

  1. 「現金預金比率」計画

「現金預金比率」とは、会社が有している支払い能力を表すための指標のことで、BOEは銀行が保有しなければならないお金を、投資することによって補っているのです。

  1. 企業への規制ににより支払われる料金
  2. 海外の中央銀行を含む、BOEのサービスを利用するクライアントから頂戴した料金
  3. 紙幣造幣にかかるコストの請求
  4. 政府機関に提供するサービスのマネジメント費の請求
  5. 300年以上にわたって積み上げてきた資本の投資

このような取り組みのおかげで、BOEは支出よりも多くの収入を生み出すことができています。

さらにその多く得た収入を、毎年英国財務省に数百万ポンド寄付しているようです。

まとめ

今回はイングランドのBOEがどのような中央銀行なのかを見ていきました。

BOEの動向は金融市場に大きな影響を与えるので、注目しておくと良いでしょう。

また、BOEは様々な場面で名前が登場することがあるので、名前だけでも覚えておいても損はないと思います。

また、近年BOEは暗号資産(仮想通貨)やデジタルマネーに関する調査や議論書を発行していますので、今後はそちらについても解説していきたいと思います。

暗号資産ジャーナルでは、お役立ち記事を日々更新しています。

みなさんにお役に立てる記事もきっとあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめの記事