CeFiとは?DeFiとCeFiの違い

いまでは「DeFi」はよく耳にするようになりましたね。

DeFiは「Decentralized Finance」の略で、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンを利用した金融アプリケーションの総称です。

当サイトでも以前、「今話題のDeFiとは?」で意味や仕組みを紹介しました。

では、響きが似ている「CeFi」は聞いたことがあるでしょうか?

CeFiは「Centralized Finance」の略で、「中央集権型金融」を意味します。

英語が得意な方は「響きが似ているのに、真逆の意味じゃん!?」と気づかれたことでしょう。

今回はそんなCeFiとDeFiの違いについて説明していきます。

CeFiとは

CeFi(Centralized Finance)とは、先ほどもあったとおり、中央集権型金融のことです。

ほかにも、伝統的な金融機関という意味の「TradFi(Traditional Finance)」という言葉が使われたりもします。

皆さんがなじみのある銀行や保険、取引所のような金融機関が管理する金融サービスがCeFiにあたります。

暗号資産(仮想通貨)の主なコンセプトのひとつである「分散化」をみると、一見関係ないように見えますが、大手取引所のCoinbaseやBinanceなどの単一の事業体または法人によって管理・所有されているサービスもCeFiにあたります。

CeFiの管理者は集権的にサービスを構築できるため、価値あるサービスを提供しやすく、資金の借り入れや暗号資産の売買、暗号資産デビットカードなどの使いやすいサービスが多く存在しています。

その反面、主導権をすべて単一の管理者に委ねることになります。

ユーザーは管理者の決定に従うほかなく、利用停止や制限の有無も管理者にかかっています。

一方DeFiは単一の管理者がおらず、スマートコントラクトを利用してプログラムコードに沿って動きます。

DeFiアプリケーションでは、管理権・所有権はコミュニティに分散されているので、だれもがプロジェクトの管理に参加できます。

ここからはこのようなCeFiとDeFiの違いについて見ていきましょう。

CeFiとDeFiの違い

CeFiとDeFiには、さきほど挙げた管理・運営方法以外にも相違点があります。
 

  • 本人確認システムやサービスの違い

CeFiを利用する場合、大抵アカウント登録とKYC(本人確認)を行う必要があります。

これは、マネーロンダリングや詐欺といった犯罪行為を防ぐためです。

しかし、この規制を遵守することで取引所によっては特定の国で利用を制限されてしまうことがあります。

日本も例にもれず、厳しい規制や法律が制定されたのち、撤退を余儀なくされてしまった取引所も少なくありません。

また、個人情報を第三者に預けなければならないというリスクもありますよね。

DeFiは、MetaMaskのような暗号資産(仮想通貨)ウォレットがあれば、KYCや登録の必要がなく、参入障壁が低いという特徴があります。

また、DeFiはインターネット上の金融サービスなので、従来の金融サービスができない環境や、時間やコストのかかる国や地域でもアクセスできます。

ここまでで一見DeFiの方が優勢にみえますが、CeFiは中央集権的サービスならではの利点があります。

それは、アカウントパスワード紛失などのトラブルの際に運営に問い合わせで助けを求められることです。

また、送金の際にチェーンを間違って選択した際にも対応してもらえるケースもあるそうです。
 

  • 資金管理に関する違い

CeFiは、利用する際に取引所等に資金を預けます。

そのサービスの多くは、ユーザーから預かった資金をゴールドウォレットに移動するなどして安全な管理に注力してくれます。

しかし、CeFiは中央集権的システムゆえにハッキングされてしまう恐れがあります。

資金を預けるには、利用するCeFiを信用しなければなりません。

DeFiはユーザーが第三者を信用する必要はありません。

ユーザーは自分で鍵を管理し、自力で資金をコントロールします。

取引や融資などは、人ではなくスマートコントラクトが実行しているので、CeFiのようにどこかに資金を預ける必要はありません。

つまり、CeFiは資金管理を第三者に委託するサービス、DeFiは常に自分で管理するサービスということですね。

まとめ

いかがでしょうか。

「CeFi」と言われると初見では何のことかわかりませんが、ふたを開けてみると従来のシステムとその応用であることがわかりますね。

CeFiもDeFiもどちらも利点があれば欠点もあります。

受動的にサービスを受けるか、能動的に管理するかが大きな違いですね。

皆さんはどちらを選びますか?

そして、今後また新たな金融管理システムが生まれることはあるのでしょうか?

暗号資産ジャーナルでは他にもお役立ち記事を更新しています。

気になる記事があれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめの記事