CFD(差金決済取引)とは?

暗号資産CFDの特徴も解説

1990年代にイギリスで始まり、今では日本の投資家の間でも話題になっている「差金決済取引」。

最近では、徐々に日本の証券会社がCFDの取り扱いを開始するケースが見られます。

今回はCFDとは何か、また「暗号資産(仮想通貨)CFD」の特徴を解説していきます。

CFDとは?

CFD(差金決済取引)とは、 “Contract for Difference”の略称です。

株価指数や原油・金などの商品の取引を行う際に、実際に現物を所有することなく売買する取引を指します。

ここでの”Contract”という単語は、「契約」という意味から転じて「取引」という意味で使われます。

"Difference"は「差」という意味で、買値と売値の差額のみで決済する仕組みです。

CFDはデリバティブ取引の一種で、最近ではすっかり聞きなれた日本で人気の高いFX(外国為替証拠金取引)もCFD投資の一種です。

CFDの取引サービスは90年代にイギリスで始まり、今では日本の証券会社も取り扱いを徐々に増やしています。

CFDは証拠金を元に行うレバレッジ取引のひとつなので、少ない元手ではじめることや、少ない資産で大きな利益を狙えることが個人投資家の間で話題になるきっかけとなっています。

CFD取引の種類

CFD取引には取引所CFD店頭CFDの2種類があります。

取引の管理や運営を行っている業者の違いによって分けられます。

取引所CFDは、取引所が取引の管理や運営を行っていて、日本では東京金融取引所が提供する「クリック下部365」という取引所が取り扱っています。

店頭CFDと比べて取引銘柄が少ないという短所はありますが、万一取引業者が破綻してしまった場合でも、投資家が預けている証拠金が全額保証される仕組みになっているので、安心して取引を行えます。

店頭CFDはそれ以外のCFDの呼称で、取引所ではなくCFDを提供する会社によって管理・運営が行われています。

店頭CFDは相対取引を採用しているので、会社が価格を提示しており、それに応じて取引を行うことができます。

また、取引所CFDと比べて銘柄数が多いことや取引コストが安いなどのメリットがありますが、投資家とCFD会社は利益相反関係にあるので、CFD会社を選ぶ場合は信頼できる会社をよく吟味して選ぶことが大切になります。

CFDの特徴

  1. 取引単位が小さい

CFDは取引単位が小さいので、少額での取引が可能です。

例えば、同じ投資対象でCFDと先物を比べてみると、CFDで取引を多なうほうが取引単位が小さいので、必要な資金の量も小さく済む傾向があります。

レバレッジを10倍まで活用すれば2800円から取引をはじめることのできるCFDもあります。

  1. 取引期限がない

CFDは、オプション取引のような決済の期限がないので、長期で保有し続けることができます。

  1. いつでも取引できる

CFDは基本的に平日であれば24時間いつでも取引が行えます。

もちろん商品によっては例外もありますし、利用しているシステムのメンテナンス時間等は操作することはできませんが、先物取引のように「16:30~17:30の間でしか取引ができない」といった制限はありません。

  1. 売りから入れる

売りポジションから入るというのは、デリバティブ取引全般で言えることですが、CFDも売りから入ることができるのも特徴の一つといえます。

  1. 相対取引

先物取引のような投資家同士の売買では、価格がマッチングしなければ取引が行えませんが、CFDは相対取引となっているので、表示されている価格で取引が行えるという特徴があります。

CFDのメリット・デメリット

CFDのメリットは、先ほど特徴で説明したように少額から取引が行えることや決済に期限がないことなどがあげられますが、その他にも配当を受け取ることができるというメリットがあります。

配当は、取引金額に応じて算出されるので、配当金相当額にもレバレッジが掛かることになり、元手の資金に対して配当額が大きくなりやすく、利回りも大きくなりやすいといえます。

ただしこれは買いポジションを保有している場合のみの話で、売りポジションを保有している場合は配当額相当を支払うことになるので、注意が必要です。

一方で、CFD取引を行う際にはデメリットもあります。

まず、レバレッジの倍数が大きければ損失の割合も大きくなります。レバレッジ倍率の設定などリスク管理は充分に行いましょう。

また、あまりれメジャーでないので、知識が得にくいという点があります。

これまでFXで取引を行ったことのある方なら、仕組みが非常に似ているので取引が行いやすいかもしれませんが、情報収集をしっかりと行ったうえで取引をすることが重要です。

暗号資産(仮想通貨)CFDとは?

暗号資産(仮想通貨)CFDとは、暗号資産を対象としたCFDサービスです。

他のCFD同様、暗号資産(仮想通貨)を直接取引するのではなく、売買した差額の増減で取引を行うというものです。

暗号資産(仮想通貨)CFDはメジャーな暗号資産(仮想通貨)が対象となっていて、現在日本では「SBI FXトレード」と「マネックス証券」の2社が取り扱いを行っています。

SBI FXトレードではビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)の3種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っていて、円とドルそれぞれとのペアで、全6種の暗号資産CFDが取引できます。

マネックス証券では、SBI FXトレードで取り扱っている銘柄ビットコインキャッシュ(BCH)を加えた4種類が取引できます。

ただし、マネックス証券ではドルとのペアは取り扱っておらず、円と暗号資産(仮想通貨)のペアの暗号資産CFDのみなので、全4種の暗号資産CFDの取引となります。

暗号資産CFDの特徴

では、暗号資産CFDの特徴をいくつか見ていきましょう。

24時間365日取引可能

暗号資産CFDは24時間365日取引ができます。

これは暗号資産(仮想通貨)の値動きがたいしょうとなっているからです。

ただし、メンテナンスの時間などは例外で取引ができないので注意しましょう。

暗号資産流出の心配がない

暗号資産CFDは売買で発生した損益のみでのやりとりとなるので、自分が保有している暗号資産のポジションについては不正に流出してしまうというリスクがありません。

暗号資産CFDでは暗号資産(仮想通貨)の直接の受け渡しは行っていないので、先ほど挙げたSBI FXトレードもマネックス証券も「第一種金融取引業者」ではありますが、「暗号資産交換業者」としての登録は行っておりません。

なので、暗号資産CFDはFXや株式での取引で有名な会社で暗号資産の取引が行えるサービスであると言えます。

取引手数料無料

現在暗号資産CFDを取り扱っている2社では、取引手数料が発生しません。

取引コストはスプレッド

暗号資産CFDの取引では、売値と買値にスプレッドが生じます。

実際のスプレッドの動き方では、マネックス証券は、レートが変わるたびにスプレッドが変動し、SBI FXトレードは、通常の値動きの際にスプレッドの値に変化はありません。

ただ、SBI FXトレードのスプレッドは、1回あたりの取引量によって4つの区分に分かれており、スプレッドが動かないのは取引量が少ない区分だけでした。

レバレッジ手数料は発生する

暗号資産CFDでの取引は、デイトレード出ない場合はレバレッジ手数料がかかります。

これは、一定の時間帯をまたいでポジションを保持した場合に、ポジションの保管費用として発生する手数料であると覚えておきましょう。

マネックス証券のレバレッジ手数料は、保有建玉総量の0.04%で、SBI FXトレードの手数料は、ロールオーバー時によって変動する制度を取っています。

まとめ

いかがでしたか?

日本ではFX取引が盛んなので、FXで取引を行ったことがある方ならばCFDもすぐに慣れるかもしれませんね。

暗号資産CFDも、今後需要が伸びる期待が充分にできますので、注目しておいて損はないでしょう。

ただし、レバレッジを掛けて行う取引なので、倍率などには充分に注意して、はじめたばかりであれば余剰資金で行える範囲で行うことがオススメです。

暗号資産ジャーナルでは、お役立ち記事を日々更新しています。

皆さんのお役に立てる記事もきっとあるので、気になる記事はぜひチェックしてみてくださいね!

おすすめの記事