フィボナッチとは?投資の勝率を上げるフィボナッチの使い方

「フィボナッチ」は、株式トレードでよく使われる数値です。

響きからしても「難しそう」と挫折してしまう方も多いはず。

しかし、使いこなせれば実際の相場に役に立つ内容なのです。

そこで今回はフィボナッチの本質を捉えながら、どのように活用すればより投資の勝率を上げられるのかについてお伝えしていこうと思います。

フィボナッチ数(Fibonacci Ratio)とは?

フィボナッチ数とは、イタリアの数学者、レオナルド・フィボナッチ氏が発見した数列のことです。

フィボナッチ数は黄金分割として市場で使え割れる数字なのです。

下にフィボナッチ数の考え方を書き出しました。

はじめに1をふたつ並べて書き、次にその1と1を足した2を続けて書きます。その次は1と2を足して3、さらにその次は2と3を足して5…と続けていきます。すると1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89…という並びになります。これをフィボナッチ級数といいます。ここから、前の数字を後の数字で割っていきます。1÷2,2÷3,3÷5,5÷8,…すると、その答えが次第に0.618…に収斂されていくのです。
1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89,…2÷3  3÷5  5÷8  8÷13  13÷21  21÷34  34÷55  55÷89…0.666… 0.6 0.625… 0.615… 0.619… 0.617… 0.618… 0.617…

フィボナッチを学ぶ上で重要になってくるのが黄金比です。

黄金比は、人間が自然に美しいと感じる比率のことですが、フィボナッチ数と黄金比には深い関係があります。

黄金比はおよそ1:1.618の比率ですが、フィボナッチ数では「618」を重要視します。

黄金比率が市場で利用される理由としては、株価というものは森羅万象あらゆるものを織り込むとされており、ならば株価の動きもこの自然界の美しいフィボナッチ・レシオで表すことができるのではないかと言われてきたからだと考えられています。

株価というものは人間の心理によって大きく動かされるものなので、人間が無意識のうちに気にしている数値も重要な意味を持ってくるようです。

フィボナッチの活用法

さて、フィボナッチ数についてざっくりとわかったところで、具体的な見方や活用法に入っていきたいと思います。

投資で頻出する数値とフィボナッチ数は以下の通りです。

23.6%,38.2%,50%,61.8%,76.4%

そしてこの数値は不思議なことに、以下のように解釈することもできます。

ここでさきほどでてきた黄金比の618がでてきます。

この数字は重要になってくるので、61.8と76.4だけでも覚えておきましょう。

さて、フィボナッチ数を実際の株式市場で使うにあたって「フィボナッチ・トレースメント」という言葉がでてきます。

フィボナッチ・リトレースメントとは、チャート上のサポートとレジスタンス(レジサポ)の水準を導出するテクニカル分析の一種です。

フィボナッチ・リトレースメントは、50%押しが基本となります。

これは50%のラインが多くの人々に注目されているからです。

これだけではなんのことかピンと来ないかもしれませんので、細かく見ていきましょう。

押し目・戻りの判断材料、フィボナッチ・リトレースメント

押し目とは、上昇トレンドの最中に一時的に下落している局面のことを指します。

戻りは、下降トレンドの最中に一時的に上昇する局面です。

フィボナッチは、この押し目と戻りを判断する上での判断材料となるのです。

この方法をフィボナッチ・りトレースメントといいます。

  • 押し目の場合

まずは押し目の場合を見ていきましょう。

上昇を開始した位置を1、山の頂上を0とすると、下の図のようになります。

上昇トレンドから頂上をつけて下落局面を迎える、という大きな山のような曲線を描きます。

この大きな山を1として、上から38.2%(下から61.8%)の位置がまさしく押し目となり、反発しやすい位置となります。

  • 戻りの場合

戻りの場合も同じことが言えます。

下落を開始した地点を1、底をついた地点を0とすると、下記のような図になります。

下降トレンドからそこをついて上昇局面に変わり、谷のような曲線を描きます。

この大きな谷を1として、下から38.2%(上から61.8%)の位置は戻りになりやすい位置となります。

押し目・戻りを判断するためのラインは、38.2%(3分の1)、50%(半値)、61.8%(3分の2)あたりに引くこともあります。

細かくラインを設定することで、「そのトレンドが取れ程の強さを持ったものなのか」や、「次の押し目・戻りはどのあたりになるのか」などの判断材料になります。

例えば、いったん下落してそこをついた後の上昇局面で38.2%のラインで跳ね返されれば、まだその時点では下落する生き追うが強い可能性があることを示します。

一方で、その後再上昇して61.8%を超えてくれば、もう戻りの可能性は低く、トレンドの転換だと考えることができます。

このようにフィボナッチ数を利用して、押し目と戻りを予測することができるのです。

ただし、覚えておきたいのは、フィボナッチ・リトレースメントが必ずしも押し目・戻りを保証するものではないということです。

フィボナッチ・リトレースメントのみを判断材料にするのは失敗の元となる可能性があります。

判断を下す際には、くれぐれもよく観察を行い、他の判断材料も交えたうえで決断することにしましょう。

レジスタンスライン・サポートライン

皆さんは「レジスタンスライン・サポートライン」(抵抗線・支持線)になじみはありますでしょうか?

よく「レジサポ」という略され方をしますね。

これらのラインは、局面が変わりやすい場所を示してくれます。

1か月で下落しかけた時に反発する大体の位置に引くのはサポートライン

数か月跳ね返され続けている場所に引くのがレジスタンスライン

トレンドのおおよその始まりと値幅の推移のところに引くのがトレンドラインです。

これらのラインがあるからこそ、その線を上抜いたり下抜いたりしたときは、「新しい局面を迎えるのでは?」と意識されるのです。

これと同様に、特定の期間中のチャートにフィボナッチ・ラインを引いて、レジサポとして判断材料にできます。

考え方としては、先ほどのフィボナッチ・リトレースメントとほとんど同じなので、安心してください。

フィボナッチ・ラインの引き方

フィボナッチラインは簡単に引けます。

まずは、特定期間のチャートを1として決めておきましょう。

特定の期間の最安値と最高値を1として考え、23.6%,38.2%,50%,61.8%,76.4%のところに線を行けば完成です。

使い方は、通常のトレンドラインやレジサポと同じです。

例えば、上昇する株価のラインにあたるタイミングではレジスタンスラインとして意識され、それを突き抜ければ局面が変わり、今度は下値を抑えるサポートラインに変わります。

基本的にトレンドライン等は各銘柄のチャートごとで変わるのですが、フィボナッチの場合は特定の期間を設置すれば、後は機械的に線を引くだけです。

ただしここで注意したいのが、通常のレジサポと同じように、フィボナッチ・ラインも期間が長ければ長いほど制度が上がり、短いほど制度が低くなる傾向があるということです。

5分足や日足よりも、週足・月足の方が精度が高くなりやすいということです。

週足や月足といった長い時間足の方が、より多くの上方を含んでおり、信頼できるデータといえることもその原因のひとつですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フィボナッチ数と、市場との関係・読み方などが少しお分かりいただけたでしょうか?

これはすべてのテクニカル指標や分析に言えることですが、指標や分析方法をひとつだけ使って売買の判断を下すのは非常に危険なことです。

フィボナッチ・ラインやフィボナッチ・りトレースメントも同じことで、他の指標と併用して利用することが大切なので覚えておきましょう。

トレンドが発生していれば、トレンドラインやトレンド系の指標を併用するのが良いかもしれません。

他の指標の読み方やツールの分析方法もぜひチェックしておきましょう。

暗号資産ジャーナルでは、お役立ち記事を日々更新しています。

皆さんのお役に立てるコンテンツもきっとみつかるので、気になる記事はチェックしてみてくださいね。

おすすめの記事