ベンチャーキャピタルとは?メリット・デメリットを説明

ベンチャーキャピタルは、資金が少ない企業にとっては頼もしいサービスです。

しかし、うまい話には必ずと言っていいほど裏があります。

今回はベンチャーキャピタルの特徴、メリット・デメリットについて紹介していきます。

ベンチャー・キャピタルとは?

「ベンチャー」というと、野心的な事業や起業したてのビジネスが連想できますよね。

ベンチャーキャピタルはその名の通り、ベンチャー企業やスタートアップ企業など、高い成長が見込まれる未上場企業に対して出資を行う投資会社のことです、

未上場時に投資を行って、投資先の企業が上場や成長した後に株式を売却・または事業を売却して、キャピタルゲイン(当初の投資額と株式公開後の売却額との差額)を得ることを目的とします。

ただし、ベンチャーキャピタルは未上場企業に資金を投下するだけではありません。

資金投下と同時に、ハンズオンと呼ばれる経営支援を行うことで企業の価値向上を図り、キャピタルゲインがより高まるような支援を行います。

日本のベンチャーキャピタルの多くは、銀行や証券会社、保険会社、ノンバンク等といった金融機関が運営する関連会社です。

その他、事業会社、商社、通信企業などの関連企業が運営するベンチャーキャピタルのほか、どこにも属さない独立系のベンチャーキャピタルも存在します。

その他にも、民間のベンチャーキャピタルとは投資基準や投資先が異なる「政府系ベンチャーキャピタル」や、新産業の創出によって会社の発展に貢献することを目的とした「大学系ベンチャーキャピタル」も存在します。

また、コーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)と呼ばれる会社もあります。

CVCは事業会社が主に自己資金をもとにファンドを組成し、未上場企業に出資を行う組織のことで、キャピタルゲインの獲得と同様に事業シナジーを追求しているケースが多いです。

ベンチャーキャピタルの投資資金はどこから来るのか

ベンチャーキャピタルは、出資者から資金を集めて未上場企業に対して投資を行い、これと引き換えに株式を取得するという流れが一般的です。

その後、成長した投資先企業がEXITすることを見込んで、そこで生じるキャピタルゲインを出資者に分配(還元)するという仕組みで運営されます。

資金の調達方法は大きくわけて2つあります。

1つ目は、自己資金を活用して投資するパターンです。

これは、ベンチャーキャピタル自身が保有している資金を活用して未上場企業に投資を行うケースのことで、「本体投資」とも呼ばれます。

自己資金による投資では、ベンチャーキャピタル側で投資回収期限を明確に設定しないケースや、投資の利益をファンドに再投資するなどして投資を継続していく「エバーグリーン」型の投資が行われるケースも見られます。

2つ目は、投資ファンド(投資事業組合)を設立して投資家から資金を集め、ベンチャーキャピタルがその投資ファンドのマネージャーとして未上場企業に投資するパターンです。

これは、ベンチャーキャピタルが無限責任組合員となって投資事業有限責任組合(ファンド)を組成し、有限責任組合員(Limited Partner)から出資を受けた上で、ベンチャーキャピタルがそのファンドマネジメントを行い、未上場企業に投資を行う方法です。

有限責任組合になるのは金融機関や事業会社、機関投資家、地方自治体などで、特に事業会社は経営戦略のひとつとして投資事業を掲げている企業であることが多いです。

生命保険会社、損害保険会社、年金基金、共済組合、農協などは機関投資家にあたり、大量の資金を用いて株式や債券によって運用を行う大口投資家です。

自己資金のケースと違って、ファンド投資では、出資者との間で組合契約を締結し、そこで定められた投資期間の範囲内でファンドから投資を行い、組合契約期間内に投資した資金を回収することが出資者から求められます。

ちなみに、組合契約の「契約期間」と、投資ができる期間を指す「出資約束期間」は異なるものです。

契約期間の終了間際まで投資を行えるようにしてしまうと、期間内に投資を回収できなくなってしまうからです。

よって、出資約束期間は契約期間の3〜5年ほど前までで設定されるケースが多く見られます。

ベンチャーキャピタルと銀行の違い

「企業から資金を提供してもらうなら銀行でもいいんじゃない?」と思われた方もいらっしゃいますよね?

たしかに、銀行もベンチャーキャピタルも「企業が資金提供を行っている」点は共通した組織です。

しかし、資金提供の形式ビジネスモデル資金提供時に重視されるポイントがまったく違うのです。

銀行の場合

銀行は、企業に資金を融資する形になるので、最終的には資金を返済する必要があり、融資された資金には利息も発生します。

また、企業が融資を受けるためには信用と担保が必要になりますが、起業したばかりのベンチャー企業やスタートアップ企業には信用も担保も不足していることが多く、融資を申し込んでも断られてしまうケースが多くあります。

銀行から融資を受ける際位は、事業計画書、損益計算書、貸借対照表、資金操り表、試算表など、さまざまな書類を用紙しなければならず、その内容は詳細に審査されるので、かなり高い壁といえます。

ベンチャーキャピタルの場合

ベンチャーキャピタルは、起業して間もないベンチャー企業やスタートアップ企業の将来の成長を見込んで資金を出資する形になります。

そのため、資金を返済する必要はありませんが、企業が成長や上場した際に株式を売却することで資金を回収します。

ただし、投資した企業が成長せずに上場しなかったり、事業に失敗した場合は投資資金を回収できなくなってしまいます。

それを避けるために、ベンチャーキャピタルは投資先企業の成長支援を継続して行っていきます。

成長支援の方法はベンチャーキャピタルによって異なりますが、自社の社員を投資先企業のメンバーとして参加させる場合や、外部コンサルティングを利用する場合もあります。

ベンチャーキャピタルのメンター(投資担当者)が投資再起業の社外取締役に就任し、経営に参画する場合もあります。

ベンチャーキャピタルの出資を受ける際は、事業計画書のような書類を用意しておく必要はありますが、銀行とは審査のポイントが異なるので、用意しなければならない書類が異なる場合があります。

ベンチャーキャピタルの審査のポイントは、多くの場合その企業のビジネスモデルが要となります。

ベンチャーキャピタル メリット・デメリット

ここからは、ベンチャーキャピタルから投資を受けるメリット・デメリットを解説していきます。

メリット

  1. 経営の知識が得られる

ベンチャーキャピタルが経営に関与することで、経営に関する知識や経験を教えてもらえます。

ベンチャーキャピタルには、実践で培ってきたノウハウやスキルが蓄積されています。

これらを提供してもらうことで、提供を受ける企業は軌道修正を行うことができます。

ベンチャー企業やスタートアップ企業は、一般的に経営陣の年齢層が若い傾向にあり、経営に関する知識や経験が不足していることが多くあります。

そこで、ベンチャーキャピタルに指導を行ってもらうことで、経営が円滑に進む可能性も高まるということです。

  1. 税務状況の改善が見込める

ベンチャーキャピタルから投資を受けることは、財務状況を改善させるチャンスです。

財務状況が改善すれば、他の金融機関からの融資を受けやすくなる可能性もあります。

有名なベンチャーキャピタルから投資を受けた企業は、世間にベンチャーキャピタルからその企業の事業内容やビジネスモデルが高い評価を受けているという印象を与えることができます。

事業拡大や追加出資を受けられやすくなれば、企業にとっても有利となりますよね。

  1. 事業提携がしやすくなる

ベンチャーキャピタルは、投資を行っている複数の企業を抱えています。

投資先の企業同士が事業提携すれば、シナジー効果を得られる場合もあります。

シナジー効果とは、複数の企業や企業内の異なる事業部門が協働して得られる相乗効果のことで、組織や企業、人などが共同して1つになることで、個々で発揮していた力よりも高い効果が得られることを指します。

事業提携することで企業が成長し、より多くのキャピタルゲインを受け取れるという算段です。

これはベンチャーキャピタルにもメリットが生じるので、積極的な事業提携先の紹介がなされることが多いです。

デメリット

  1. 経営への干渉

ベンチャーキャピタルから出資や指導を受ける以上、経営への干渉を受けることもあります。

これは一概にデメリットとは言えないかもしれませんが、自社が目指している経営の方向性がベンチャーキャピタルによって影響を受け、経営陣が描いていた理想が崩れてしまうこともあるので、注意が必要です。

  1. 株式買取請求

ここまででも何度も記していますが、ベンチャーキャピタルの主な目的は将来性のある企業に投資し、利益を得ることです。

そのため、利益が見込めないと判断された場合は、投資資本回収に走ることもあります。

 株式上場やM&Aが予想通りにならなければ、株式買取を迫られる可能性もあるということは頭に入れておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ベンチャーキャピタルの出資を受けることは、起業したての会社には有益な情報ばかりにみえますが、検討する際はしっかりとデメリットも確認しておきましょう。

将来にむけて会社の具体的な目標があるならば、きっちりと理解したうえでうまく活用してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

暗号資産ジャーナルでは、お役立ち記事を更新しています。

気になる記事があれば、ぜひチェックしていってみてくださいね。

おすすめの記事