ジパングコインとは?特徴や購入方法を解説

「金と連動する」暗号資産(仮想通貨)って想像つきますか?

ジパングコインを知らなければ、このアイデアに「どういうこと?」驚かれる方が多いかと思います。

今回は、日本の大手商社である三井物産が主導するジパングコインについてお伝えしていきます。

ジパングコイン(ZPG)とは?

ジパングコイン(Zipangcoin:ZPG)とは、三井物産デジタルコモディティーズが発行している、金の現物価値と連動する暗号資産(仮想通貨)のことです。

金の現物と連動する暗号資産(仮想通貨)は「ゴールド連動型」という名前がついていて、これは他の暗号資産とは一線を画す存在です。

一般的なアルトコインの価値はビットコインと連動しています。

デジタルゴールドとも呼ばれてきたビットコインですが、直近は株式市場との連動性の高さが指摘されており暗号資産(仮想通貨)として株式マーケットのリスクをヘッジできるものは少ないのです。

三井物産デジタルコモディティーズの辰巳喜宣氏によると、ジパングコインは「グロース株を中心としたリスク資産と相関性の高いビットコインに連動しない」という商品特性をもっており、その特性を訴求していきたいとのことです。

日本でのゴールド連動型の暗号資産(仮想通貨)はジパングコインが初めてですが、海外ではテザーゴールド(XAUT)やパックスゴールド(PAXG)をはじめとした「ゴールド連動型ステーブルコイン」がすでに話題を呼んでいます。

ジパングコインの特徴

次に、ジパングコインの特徴を見ていきましょう
 

  • 金と連動している

前述したとおり、ジパングコインの値動きは金の価格と連動しています。

裏付け資産として発行額と同じ額の金を調達しており、価格連動はほぼ外れないと考えられています。

つまり、投資の観点では「ジパングコインを保有する≒金を保有する」といえます。

しかし、ここで注意しておきたいのは、ジパングコインの性質が金のETFと同じであるということです。

「ETF」とは上場投資信託のことで、市場で売買されるよう証券化された金融商品を指します。

金価格と連動している金融商品は他にもあり、ジパングコインだけの特徴ではないことがわかります。

ジパングコインがETFと異なる最大の特徴は、ウォレットを介して決済や取引が行われるという点です。

この点を踏まえると、ジパングコインを利用しての買い物は、金のETFと異なる特徴として今後出てくる可能性は高いですね。
 

  • プライベートブロックチェーン採用

ジパングコインの発行には、プライベート型のブロックチェーンが利用されます。

ビットコインをはじめとした一般的に知られている暗号資産(仮想通貨)の多くは、パブリックブロックチェーンという特定の管理者がいないブロックチェーンを採用しています。

パブリックブロックチェーンは、不特定多数の参加者が助け合いながら安定的な稼働と不正のないネットワークの実現を目指した形のものですが、仕組み上容易なシステム変更が行えないというデメリットがあります。

プライベートブロックチェーンは特定の管理者が運営を行う形式を取っているので、中央集権型とはなってしまいますが、送金ミスの組み戻しやシステム変更が比較的簡単にできるというメリットがあります。

このような観点から、企業で暗号資産(仮想通貨)を発行するうえでは、プライベートブロックチェーンが利用されることが多いといえます。
 

  • 決済利用も

先述したとおり、ジパングコインは決済利用も視野に入れて開発が進んでいるようです。

ジパングコインがウォレットアプリに入っていれば、アプリでジパングコインを商品の代金として支払うこともできるようになるかもしれないのです。

ただし、日々の価格変動があるので、支払い時のレートがその時々で変化します。

これは暗号資産(仮想通貨)全般に言えることかもしれませんが…

実際に想像してみてください。

決済に利用する際、微小でも価格変動があると使いづらそうですよね。

そのため、決済に利用できるようになったとしても、これをきっかけにユーザーが増えるかどうかはわからないといったところです。

世界的に暗号資産(仮想通貨)での決済が主流になる日が来るのかは非常に予想しづらいといえますね。

ジパングコインの購入方法

ジパングコインの販売は、2022年2月17日から開始されました。

「Digital Asset Markets(デジタル・アセット・マーケッツ)」という暗号資産取引所で販売されています。

大まかな流れは、

  1. 口座開設(開設費無料)
  2. 本人確認書類の送付(免許証など)
  3. 本人確認審査完了(はがき受領)
  4. 日本円を銀行振込などで入金(※手数料がかかる場合があります)
  5. ジパングコインと日本円を交換(※手数料がかかる場合があります)
  6. 取引所口座内にジパングコインが保管される

といった感じです。

ウォレットで保管する場合は、事前にウォレットアプリ等を落として登録しておきましょう。

この際注意しなければならないのが、デジタルアセットマーケッツと連携している銀行が「PayPay銀行」のみであるという点です。

なので、PayPay銀行の口座開設もあわせて事前に行っておきましょう。

ジパングコインの将来

ここまででジパングコインがどんなものなのかがお分かりいただけたかと思います。

日本で企業から、このような新しい暗号資産(仮想通貨)が発行されていることが、今後世の中で暗号資産が普及していくきっかけになる可能性も十分にあります。

ただし、先ほどもあったとおり、ジパングコインは暗号資産(仮想通貨)業界では「ゴールド連動型」という新しい形をとっていますが、実情は投資の観点では金のETFをあまり変わりません。

決済面でも、価格変動や税金の要素を考えると使いづらいことが問題点として挙げられます。

今後、法定通貨と暗号資産(仮想通貨)の関係性がどのようになっていくのかは必見ですね。

今回も読んでいただき、ありがとうございます!

暗号資産ジャーナルでは、お役立ち記事を日々更新していますので、他に記事もぜひチェックしていってくださいね。

おすすめの記事