bitFlyerが新たにテゾス(XTZ)取り扱い開始? 暗号資産(仮想通貨)テゾス(XTZ)とは

2020年128日、暗号資産(仮想通貨)取引所のbitFlyerが新たにテゾス(XTZ)の取り扱いを開始しました。

国内でテゾス(XTZ)の取り扱いを始めるのはbitFlyerが初めてだそうです。

またbitFlyerは、テゾス(XTZ)の取り扱いを記念したキャンペーン、

「テゾス取り扱い開始記念!抽選で15名様に最大5万円が当たるキャンペーン」

2020128日(火)午前1時~202117日(木)午前1159分(日本時間)で行うそうです。

 

キャンペーン内容はキャンペーンタイトルにもあるように、期間中にキャンペーンページからエントリーを完了し、所定の数量以上のテゾスを購入したユーザの中から抽選で15名に最大5万円がプレセントされるというものです。

テゾス(XTZ)とは?

テゾスとは、ブロックチェーンのプラットフォームです。

スマートコントラクトや分散型のアプリケーションでの利用に適しているそうで、社会的・政治的・経済的なイノベーションを世界規模で促進することを目標としています。

テゾスは、アップデートの際にネットワークを互換性のない複数の異なるブロックチェーンにフォークさせることがない自己改定機能を備えているそうです。

これはコミュニティ内での意見対立などで、開発者が仲間割れするような事態を防ぎ、比較的に安定して運営を行うことに適しるといえますね。

公式ウェブサイトはとてもシンプルなデザインで、今のところ詳しい情報はあまり開示されていないようです。

ビットコイン価格が1130日に異例の1万9864ドル(207万円)を記録し、日本国内でも暗号資産(仮想通貨)に対する関心が高まっています。

 

惜しくも現在は、価格が下降傾向にありますが、今後また動きはあるのでしょうか。

私たち暗号資産ジャーナルは、日々お役立ち記事を更新しています。

気になる記事があればぜひクリックしてみてくださいね。

 

おすすめの記事